吉田輝星投手149キロ、日米27球団スカウト視察し巨人・DeNA・楽天など評価

吉田輝星

侍ジャパンU18代表はこの日、U18アジア選手権1次ラウンドで韓国と対戦し、1-3で敗れた。先発した吉田輝星投手が3ランホームランを被弾した。

2回から立ち直る

吉田輝星投手は初回から148キロの速球を投げ、甲子園で試合終盤に見せたような力の入った球を投げた。しかし、ストライクゾーンが狭い中で2番に四球を与えると、3番バッターは打ち取ったもののショートの小園海斗選手がエラーで1アウト1,2塁のピンチを迎える。そして韓国のドラフトで1位指名を受けている4番バッターに甘いスライダーをレフトスタンドに運ばれた。

「カウントを簡単に取りにいってしまった。あれがなければ、1―0で勝っていたと思う。反省しないといけない」と話した。打球がスタンドに入った瞬間にマウンドでわずかにしかめっ面を見せたが、すぐにいつも通りのポーカーフェースに戻った。2回からは得意のスライダーとともに、使い始めたフォーク、と2種類のツーシームを使い、韓国打線をほんろうする。6回までも5イニングをわずか1安打で無失点に抑え立ち直りを見せた。

6回を投げて2安打5奪三振3失点、くやしさも残る投球となったが、2回以降は素晴らしいものだった。甲子園では、回転数が良く高めに伸びるストレートが勝負球だったが、この日はそれを見せ球に、ツーシームでカウントを稼ぎ、低めのスライダーとフォークで空振りを奪っていった。

そしてこの日は日米27球団のスカウトが集まり、吉田投手について評価をしている。

〇巨人・鹿取GM:「試合勘が戻っていないのかも。でも、その後は抑えているんだから、そこは評価してあげないと」

〇巨人・柏田スカウト:「初回の1球だけ。国際大会の先発で久しぶりにしては良かった」

〇横浜DeNA・吉田スカウト部長:「最初は力任せだったけど、2回以降から修正した」

〇楽天・長島スカウト部長は「高い評価に変わりはない。立ち上がりに取られたけど、高校生でも即戦力に近い。打たれるときもあるけど球速とか、間合いとか、細かいところをみても心配はない。マウンドさばきも素晴らしい」

〇中日・中田スカウトディレクター:「甲子園に疲れもあったと思うけど、調子が悪いなりに抑えた。一級品であることには変わらない」

〇フィリーズ・大慈弥環太平洋担当部長は「スピン量もいいですし、コントロールもいい。韓国は緩いボールでやってきた。真っすぐで押しても良かった」

打たれたのは残念だったが、この日の149キロの投球も、新たに成長を見せたと思う。ドラフト1位で文句なしという評価をより固めた形となった。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2018)
2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2回以降は立ち直った。最速149キロの直球に、小さくシュートする“新球”のツーシームも、右打者の内角へ多投した。「インコースが弱かったので、右バッターにツーシームを多く使った。使っていなかったフォークでも空振りを取れた」。2回以降は二塁も踏ませず、6回を2安打3失点。5三振を奪い、95球と球数制限(105球以上で4日間の休息義務)も守り、マウンドを譲った。
注目の一戦に、日米25球団超のスカウトが集結した。巨人・鹿取GMは「試合勘が戻っていないのかも。でも、その後は抑えているんだから、そこは評価してあげないと」と熱視線を注いだ。フィリーズ・大慈弥環太平洋担当部長は「韓国は(スリランカ、香港戦を相手に)緩いボールでやってきた。真っすぐで押しても良かった」と被弾シーンを振り返った。

1球が敗戦に直結した。投球練習後に刀を抜く「シャキーン」ポーズを封印して臨んだ初回。1死一、二塁から投じた初球、119キロスライダーを韓国の4番キム・デハンに左翼席に運ばれた。斗山ベアーズ入団が決まっている主砲については当然警戒していたが「一発でやられてしまった。簡単にカウントを取りにいってしまった。国際大会は一つのプレーで雰囲気が変わる」と悔やんだ。甲子園決勝となった8月21日以来となる真剣勝負の舞台。立ち上がりの失点が痛恨となった。

この日は、鹿取ゼネラルマネジャーら、吉田が好きな球団と公言する巨人の関係者や米大リーグのスカウトも熱視線。楽天・長島スカウト部長は「高い評価に変わりはない。高校生だけど即戦力に近い。打たれるときもあるけど球速とか、間合いとか、細かいところをみても心配はない」と評価は揺るがないことを強調した。


PAGE TOP