U18代表、打線は藤原選手だけ活躍、飛球打ち上げ凡退

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 侍ジャパン

U18代表の打線は、良くない状態になっている。初回に小園海斗選手が飛球を打ち上げてアウトになると、次々と飛球を打ち上げ凡退した。

藤原選手のみ活躍

藤原恭大選手が格の違いを見せた。多くの選手が左投手に苦しむ中で、4回に強いライナーでライトオーバーの打球を打つと、驚異的な足を見せて3塁打とした。そして相手投手のけん制悪送球でホームに還った。また8回にも一二塁間を抜けるヒットを打った。3打数2安打の活躍だった。

藤原選手は昨年も侍ジャパンU18代表として出場をしており、韓国戦では3三振とショートゴロでノーヒットだったが、「直球は思ったより速くなかったし、昨年より対応できたし、まだ戦える」と話し、昨年からの成長を感じる打撃だった。そして、「僕は少しも負けたと思っていない。勝っても負けてもいいと思っていたというか、残りを勝てば優勝できるんで。みんな負けて落ち込んでいたけど、関係ない。次、勝とうと言いました」と話しリーダーシップも見せた。

しかし、他の打者は良くない状態になっている。小園海斗選手はお決まりの第1打席の飛球凡退をすると、2打席目もレフトフライ、第3打席でようやく転がして一二塁間を抜けるヒットを打ったが、第4打席は再び飛球。第5打席にようやく逆方向への当たりで2安打とした。

根尾昂選手も良くない。外角低めに沈む変化球を追いかけ、4回には1アウト3塁の場面で、内野ゴロでも1点を取れる守備体形だったが、2年時にやっていたような振り過ぎのフルスイングの後、追い込まれてからは手首だけでバットをふって強いスイングをしようとして、バッティングフォームを崩した。

好調だった野尻幸輝選手もこれまでとは違う、強いストレートを投げる相手に力みが目立ち、他の選手もバントや逆方向狙いなども工夫も見られないまま、飛球を上げて打ち取られた。

疲労・日程・金属バットなど

侍ジャパンU18代表は、甲子園大会後、すぐに合宿をスタートさせている。疲労とともに、燃え尽き症候群となりそうな所からスタートさせ、そして壮行試合で大学代表との対戦をする。大きく注目される中で力を使い、この日もベンチ内では多くの選手が一点を見つめるような疲れのある表情を見せていた。

また、金属バットではフライを上げれば、甲子園でもホームランになる打球がある。小園選手も外野手オーバーの当たりを連発して見せた。しかし木製バットではただの飛球となり、しかも広いサンマリンスタジアムでは、まだホームランを打つパワーはないだろう。特に小園選手は大学代表との試合でホームランを打った感触も残っているのだろうが、まずはそれを捨て去り、自分の武器である広角へのゴロの打球と足を使うべきだろう。ヒットと足を使っていた昨年のU18代表の方が良かったと思える。

守備でも小園選手は3失策をした。1つ目については、変な回転がかかっていたので、仕方ないと思えるが、簡単なゴロをお手玉したり、アウトにした打球でも、グラブの先でボールが半分くらい見えるような捕球をしており、危ない守備だった。

まずは、まだ力がないことを認識し、自分たちの武器が何かを考える事が必要だろう。これからも野球の第1戦で活躍する選手たちで、パワーも必要だが、考える事も本当に重要になってくる。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2018)

その中で4番・藤原は4回に右翼手の頭上をライナーで襲う三塁打を放つと、8回には右前打。昨年のU18W杯・韓国戦は小園とともに出場。3三振を喫し、遊ゴロで最後の打者となっていただけに「昨年より対応できたし、まだ戦える」と前を向いた。永田裕治監督は「調子の良いものから打線を組み替えたい」と話した。

韓国には昨秋のU-18W杯でも敗れた。ただ、今回は手応えが残った。「韓国は去年と似ていて守備もいい。点を取るのは難しいと思う」と相手をたたえつつ、「直球は思ったより速くなかったし、対抗できる。僕は少しも負けたと思っていない。勝っても負けてもいいと思っていたというか、残りを勝てば優勝できるんで。みんな負けて落ち込んでいたけど、『関係ない。次、勝とう』と言いました」。最後まで前を向き続け、リベンジを約束した。

初回1死一塁から遊ゴロをはじいて傷口を広げ、直後に先発の吉田が先制3ランを浴びた。「準備不足で反省したい。リベンジできずに悔しい」と唇をかんだ。昨年のU18W杯の韓国戦は4打数無安打に倒れたが、今回は2安打を放ち「切り替えたい」と前を向いた。

5番打者としては不満が残った様子。四回の好機では空振り三振。「うまく振らされた。情けない打席が多かった」と悔しがった。

打たされた打席が多くフライアウトは13個。永田裕治監督(54)は「フライアウトが非常に多い。そこを修正したいと思います。敗戦を収穫にしたい」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント