横浜・及川雅貴投手が146キロ、阪神スカウトが評価

横浜高, 及川雅貴

153キロ左腕で今年のドラフト1位候補、横浜高校の及川雅貴投手がシート打撃に登板し146キロを記録した。この日は阪神のスカウトが視察に訪れた。

4失点

チーム練習でシート打撃に登板した及川雅貴投手は、打者12人に対して4安打で4失点という内容だった。内容について及川投手は「手首が返り過ぎているのを修正しようとしたが、できなかった」と話した。

それでもこの日は阪神の吉野スカウトが視察をしたが「この時期で力のある真っすぐは楽しみ」と話し、ストレートのスピードを評価した。

及川投手は昨年秋も奪三振は非常に多かったが、春日部共栄戦で3回5失点と、昨年の夏以降、やや安定感に欠ける所も見られる。成長の過程であってほしいが、1年生の時に柔らかいフォームで安定感も高い投球をしており、球速が増したもののやや見られやすくなっている感じもある。

チームは23日に開幕するセンバツに向けて、3月8日から沖縄合宿に入る。冬にかなりトレーニングをしたとみられるニュー及川投手がどんなスタイルになっているのか、センバツが非常に楽しみ。

2019年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

最速153キロを投げる今秋のドラフト1位候補左腕、横浜・及川(およかわ)が2日、シート打撃に登板し、最速146キロをマーク。打者12人に4安打4失点にも、視察した阪神・吉野スカウトは「この時期で力のある真っすぐは楽しみ」と語った。及川本人は「手首が返り過ぎているのを修正しようとしたが、できなかった」と反省。


PAGE TOP