岩倉・宮里優吾投手、リリーフで4回無失点もチーム敗退、将来「プロに行きたい」

岩倉高, 宮里優吾, プロ志望表明

岩倉の147キロ右腕・宮里優吾投手の夏が終わった。1-4で迎えた6回途中からマウンドに登り、4イニングをノーヒット無失点に抑えたが、味方は逆転することができなかった。

4回7K

日体荏原戦で9回を完封してから中1日のこの日の都立高島戦は、エースの宮里優吾投手はリリーフで待機した。しかし、先発した櫛田投手が初回に1点を失うと、味方が1-1と同点に追いついたものの5回3失点し、2番手で登板した文投手も抑えられず1-4と点差をつけられた。

そして6回もノーアウト1,2塁となった所で宮里投手が登板すると、このピンチを抑えきり、7回からは三振を奪いまくった。結局、4回を投げてノーヒットで7奪三振無失点。もし先発していればという投球内容だった。

「エースとして抑えるのが仕事。流れを持って来ようと思った」と話した。宮里投手は得意の変化球もあり、抜きながら抑える事もできると思うが、この日はわざと力を込めた投球をして流れを引き寄せようとした。「点を取られる前に投げたかった」と悔しさをにじませた。

それでもこの采配は批判はしない。投手の起用について、いろいろな考え方が議論がある中で、岩倉高校の監督は宮里投手の将来を考えて、または、その後の日程も考えて、中1日での先発登板を避けたのかもしれない。個人的には投球制限は賛成だが、こういう悔しさを高校生自信が経験する事になることも考えておかなければならない。

将来は

宮里投手は将来について、「高校野球では結果を出せなかったけど、もう一度体を作り直して上のステージで勝負したい」と話し、「プロに行きたい」と話した。

将来的なプロ志望か、高校から直接のプロ志望なのかは、この発言からははっきり確定は出来ないが、プロ入りに向けて、大学や社会人野球などで体を作り、140キロ後半のストレートを常に投げられるように1段階上がってからプロ入りを目指す事になりそうだ。制球、変化球は申し分なく、大学などでも1年目から結果を残せる投手だと思う。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト
夏の高校野球・東東京大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

 3点を追う6回無死一、二塁から3番手で登板。いきなり死球で満塁としたが、気迫で後続をねじ伏せた。4イニングを無安打無失点で7奪三振。「エースとして抑えるのが仕事。流れを持って来ようと思った」。逆転の願いがかなわず、涙があふれた。
進路については、将来的に「プロに行きたい」と希望。「体を作り直して、上のステージで通用するようにしたい」と語った。

18日の4回戦で日体荏原を6安打完封。中1日で先発を櫛田に譲ったが「点を取られる前に投げたかった」と試合後は涙が止まらず。「もう一度体を作り直してプロのステージで勝負したい」と先を見据えた。

エースの宮里優吾投手(3年)が6回からリリーフで登板。4回を投げて、無安打7奪三振無失点の好投だった。4回戦では中0日で完封し、この日も中1日での登板。少し肘に疲れはあった。「自分たちで甲子園に行きたかった。高校野球では結果を出せなかったけど、もっと上のステージで通用する投手になりたい」と涙を流した。


PAGE TOP