夏の高校野球・東東京大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

海老原凪, 右田稜真, 小松涼馬, 山田将義, 谷幸之助, 土屋大和, 福田優, 池本仁志, 仲亀烈太, 田代涼太, 小西莉於, 細野晴希, 荻野魁也, 坂本一樹, 宮里優吾, 香山亮太, 秋広優人, 大庭颯仁, 渋谷嘉人, 野口洋介

夏の高校野球・東東京大会が7月6日に開幕する。特に注目されるという選手は少ないものの、将来に大学や社会人などで成長をしそうな素質のある選手がいる。地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年は関東第一の石橋康太捕手が中日にドラフト4位で指名をされた。

関東第一の147キロ右腕の谷幸之助投手が注目される。176cmとある程度上背があり、スピードが乗っているときは驚異的な投球を見せる。しかし、まだムラがあり良い悪いがはっきりしている。好調を持続させ、不調時にも粘りの投球ができるようになれば、背番号1を付けて投げられる。

二松学舎大付の右田稜真選手は1年時から注目されていた選手で、181cm83kgの右の大砲、左右に長打を放つ柔軟性とパワーを生かした打撃は魅力で、センターを守り足と肩もある。

その他の選手

関東第一では、右の土屋大和投手も140キロのストレートを投げ、制球力では谷投手を上回り信頼されている。173cmと上背が無いが、大学・社会人で磨かれて行きそうな投手。毎年、素晴らしい捕手がいる中で、今年も野口洋介捕手もセカンドまで1.9秒の強肩と安定感のある捕手、またショートの渋谷嘉人選手も強いスローイングなどができる選手でパワーを秘める。

二松学舎大付の海老原凪投手は175cmの左腕で130キロ中盤の球と変化球を織り交ぜ、リリーフで登板する大庭颯仁投手は172cmだが145キロの球で押してくる。2年生の秋広優人選手は198cmの左の大砲で右田選手と共に主軸の柱。他にも2年生で捕手の山田将義選手と183cm右腕・香山亮太選手は、来年の注目株。岩倉は出場停止明けとなるが、宮里優吾投手は181cmから144キロを投げ、スケールでは他の投手を上回る。また坂本一樹投手176cmの左腕で130キロ中盤を投げ、高校通算30本塁打の主砲・荻野魁也選手も注目され、個々の力がまとまれば一気に駆け上がるかもしれない。

東亜学園はエース左腕の細野晴希投手が、昨年秋の東京選抜によるキューバ遠征で好投し、U18代表合宿にも参加。球速は130キロ中盤だが、けん制やフィールディングなど総合力の高い投手。小西莉於選手は184cmの二塁手だが、大きな体がとても目立つ。帝京は2年生に注目、小松涼馬選手は俊足強打の二塁手で、田代涼太投手も188cmの左腕でポテンシャルの高い選手。

文京の仲亀烈太投手は187cmの身長から投げられる球が、粗いものの魅力がある。小山台の池本仁志選手は1番で柔らかいバッティングで出塁をする。東海大高輪台の太田知之心選手はサードのレギュラーとして強打を見せる。豊島学園の小池純平選手は日大鶴ケ丘の勝又選手からホームランを打ったパワーがある。日本ウェルネスの福田優捕手は東東京屈指の強肩捕手。

優勝予想

昨夏は二松学舎大付が甲子園に出場、小山台が惜しくも出場できなかった。秋は東では東亜学園がベスト4入り、今春は関東第一と小山台がベスト4.ただし、西の東海大菅生や国士舘には敗れており、本当に力が抜きんでているという事はない。

関東第一と二松学舎大付は選手の能力が高いが、帝京、東亜学園、停止明けの岩倉なども良い選手がそろう。最後はチームのまとまりと勢いという所か。そういった意味で小山台は毎年まとまりが良く、戦い方がうまいチームを作ってくる。

他にも修徳、堀越、雪谷、紅葉川、城東なども序盤に一気に乗って甲子園出場を狙う。

2019年度以降-高校生-東京都のドラフト候補リスト・・・東西一緒です


PAGE TOP