強打線が好投手攻略に「地元の好投手」のイメージ重ねて取り組み開始

花咲徳栄, 履正社高, 井上広大, 中森俊介, 池田悠真, 鈴木寛人, 羽佐田光希

プロ注目の霞ヶ浦・鈴木寛人投手と対戦する履正社や、明石商2年の中森俊介投手と対戦する花咲徳栄が、それぞれ好投手攻略への取り組みを開始した。

大商大高・上田投手を想定、履正社

履正社の4番で、大阪大会で4本塁打を放っている井上広大選手は、霞ヶ浦の148キロ右腕・鈴木寛人投手について、「さっき、コーチに映像を見せてもらった感じでは、真っすぐが来ているのと、縦の変化球がいいという印象があります」と話し、「大商大の上田君も182,3はあったかなと思うので、イメージ的には似てるのかなと」と話した。

大阪商大高の上田大河投手は、182cmの右腕で最速148キロを記録し、大阪NO.1右腕と注目されたドラフト候補、大阪大会では履正社と対戦することなく敗退し、大商大進学を表明している。

さっそくシート打撃に取り組んだ井上投手は、上田投手をイメージしながら、「低めの変化球を振らないように」し、レフトフェンス直撃の当たりを放った。

センバツでは星稜の奥川恭伸投手と対戦し、3安打17奪三振で完封されている。この夏も大会屈指の投手との初戦となるが、春のようにはならない。

春日部共栄・村田投手の強化版、花咲徳栄

また、大会6日目で明石商と対戦が決まった花咲徳栄は、先発が予想される明石商2年生エースの中森俊介投手について、1番バッターの池田悠真選手が「村田強化版ですね」と話し、5番を打つ羽佐田光希選手も「村田に似ていると思います」と話した。

村田投手とは、センバツにも登場した春日部共栄の村田賢一投手で、182cmの上背があり、最速146キロを記録する。花咲徳栄は村田投手と準決勝で対戦し、15安打を浴びせて7点を奪い攻略した。その村田投手より平均球速が5キロ速く、130キロ後半の沈む球を持つ中森投手だが、花咲徳栄もさっそく攻略に向けた分析をしている。

主に各都道府県の代表として出場をする甲子園、地元の好投手も、心や経験の中で一緒に甲子園に連れてきているのが分かる。

夏の甲子園大会(2019)の組み合わせと注目選手一覧
夏の高校野球・大阪大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球・埼玉大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

「さっき、コーチに(映像を)見せてもらった感じでは、まっすぐがきているのと、タテの変化球がいいという印象があります。(対戦した中では)大商大高の上田君も(身長が)182、3はあったかなと思うのでイメージ的には似てるのかなと」

1番打者の池田悠真外野手(3年)は「村田強化版、ですね」と一言に凝縮させた。村田とは、埼玉大会準決勝で破った春日部共栄・村田賢一投手(3年)のこと。5番を担う羽佐田光希内野手(3年)も「村田に似ていると思います」と中森の印象を話した。


PAGE TOP