U18代表メンバーについて考察

U18W杯を戦う代表メンバーが発表された。選出された選手やチームについて考察してみます。

編成

昨年のU18アジア選手権は代表は18人でした。

投手は昨年の8人から9人に、捕手は2人と変わらず、内野手は5人から7人に、外野手は昨年は3人だったが2人となり、内野手と投手に配分をした形となりました。

外野手

外野手は明石商の来田涼斗選手、履正社の井上広大選手などもいたが、東海大相模の鵜沼魁斗選手と、作新学院の横山陽樹選手で共に2年生の選出というかなり意外なものだった。二人とも打撃の選手が非常に高く、横山選手は捕手として素晴らしい能力を持っており、秋からは作新学院の正捕手となる。

他に外野を守りそうなのが有明の浅田将汰投手と大船渡の佐々木朗希投手で、浅田投手は高校屈指のスラッガーという評価があり、佐々木選手も打撃センスと共に、足の速さはすごいものがある。ただし、打席に立つとなると死球だったり、木製バットで詰まると手に衝撃を受ける事もあり、なるべくなら立たせたくない感じもする。

落選選手

他にも1次候補では明石商の来田涼斗選手がいたものの、その時は骨折をしていて合宿参加を辞退していた。山梨学院の野村健太選手はこの夏の甲子園に出場したが、山梨大会でもホームランが出ずやや苦しんだ。木更津総合の太田翔梧選手は合宿時もやや力の差を見せられていた。

またこの甲子園では決勝に進出した履正社の井上広大選手、桃谷惟吹選手がおり、どちらかは選ばれると思っていたが選出されなかった。俊足の関東第一・大久保翔太選手、打撃の良さを見せ捕手と外野を守れる旭川大高・持丸泰輝選手、強肩で投手としても投げられる高岡商・堀裕貴選手などもいたが、いずれも選出されず、2年生の右バッター2人となった。

内野手

1次候補からの選手が多く、サード・石川昂弥選手とショート・武岡龍世選手が軸となれば強さを発揮できる。柔らかい守備の韮澤雄也熊田任洋選手に、パンチ力のある坂下翔馬選手、遠藤成選手をそろえ、攻守にバランスがとられている。石川選手、遠藤選手は投手としても投げられる。

打席では左バッターが多く、右は石川選手だけ。外野陣と左右のバランスを取った形。

落選選手

1次候補に参加をし、甲子園に5度の出場をして主将として智弁和歌山を率いた黒川史陽選手が落選、最後の夏に打撃で苦しんだのが影響したか。また、星稜の2年生遊撃手・内山壮真選手も落選した。また、強打の紅林弘太郎選手、横浜の内海貴斗選手といった左右の大砲も選ばれず、足のない選手はほとんど選ばれなかった。

ファーストは大事なポジションで、昨年もやや綻びを見せたと思うが、今年も一塁手専任の選手は選ばれなかった。近藤遼一選手などは長打力もあり選出しても面白かったかもしれないが。

捕手

捕手は東妻純平選手、藤田健斗選手が漏れ、強肩を見せた山瀬慎之助選手と、2番として出塁に優れ、捕手としても一定の評価を受けている水上桂選手が入った。捕手は数も少なく狙われるポジションでもあるので、3人態勢にもしたかったが、横山選手が捕手ができる。

佐々木投手の球をしっかりと捕球できるかが、最大のポイントとなる。

投手

佐々木、奥川、西、宮城の先発陣は過去最高、またリリーフの林投手、飯塚投手も敵性抜群で、先発では前投手、リリーフでは池田投手も抜群の力がある。

1次候補だった横浜の及川雅貴投手が落選、左から154キロの速球を投げるが、夏も安定しない投球だった。また同じく結果を出せなかった日大三の150キロ右腕・井上広輝投手、広陵の河野佳投手、高松商の香川卓摩投手なども選出されず。今年は投手陣のレベルは非常に高く、例年だったらこのあたりのメンバーが選ばれていた感じがする。

スタメンは

1(遊)武岡 左
2(二)坂下 左
3(三)石川 右
4(左)浅田 右
5(D)遠藤 左
6(右)横山 右
7(中)鵜沼 右
8(一)韮澤 左
9(捕)山瀬 右

みたいな感じか。

ローテーションは

日付 内容 先発投手予想
  30日 グループリーグ 対スペイン 前佑囲斗西純矢
  31日 グループリーグ 対南アフリカ 宮城大弥
9月 1日 グループリーグ 対アメリカ 佐々木朗希
   2日 グループリーグ 対台湾 奥川恭伸
   3日 グループリーグ 対パナマ 西純矢
   4日 空き
   5日 スーパーラウンド 宮城大弥
   6日 スーパーラウンド 佐々木朗希(104球以内)
   7日 スーパーラウンド 奥川恭伸
   8日 決勝・3位決定戦 佐々木朗希

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧


PAGE TOP