成長が楽しみなBランク選手・中尾純一朗投手(近大泉州)

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

現在はBランクとして評価している選手の中から、成長楽しみな選手を紹介する企画。今日は近大泉州・中尾純一朗投手を紹介します。ちなみにここで紹介をしているのは、別冊野球太郎の中の企画「大化け投手を狙い打て!」で紹介しようと思っていた選手です。最終的に長崎南山の磯木蒼太朗投手を取り上げましたのでそちらもご覧ください。
これまで紹介した選手
第1回:上田西・阿部巧雅投手
第2回:浜松工・杉田蒼希投手
第3回:九州国際大付・酒井教平投手
第4回:大分東明・山下健太朗投手
第5回:高知高・安岡拳児投手

長い腕のスリークォーター左腕

中尾純一朗投手は185cm79kgと長身の左腕投手で、スリークォーターから長い腕を振りぬいてくる。肩の可動域が広く、テイクバックを後ろに大きく取り、肘を入れた後にただ投げるのではなく、しっかりと肩も入れて上体をかぶせる。それによって力のある球を投げ込むことができる。

ストレートの球速は138キロ、球種のスライダーのみだが昨年の春の大会で大阪桐蔭を3点に抑え(1-3で敗退)、夏の大会では初戦の生野工戦で2回をノーヒットに抑えて始動すると、3回戦では大体大浪商を7回1/3まで投げて3安打9奪三振で無失点に抑えて1-0で勝利した。しかし、4回戦の大商大堺戦では先発せず、7回に1イニングを投げて1安打無失点という登板に終わっている。

まだ体全体の線も細く、もう一つ前でリリースできそうな所はあるが、球は低めに角度を付けて投げられており、左からの角度のある球が右バッターのインコースに刺されば、打つのは非常に難しい。左投手は右に比べて5キロ増しで評価するといわれるが、中尾投手はまさにそれで、138キロならば143キロくらいのものがある。体重が85kgくらいになれば、140キロ中盤まで出せるようになるかもしれない。それで肩に負担のない形でこの腕の振りができれば、バッターには150キロ級に感じられる。

今年は、高校生の左腕投手にドラフト目玉級という選手はいないが、各地に好左腕が散らばっており、夏に全国でその輝きを放つ事だろう。中尾選手も、その輝きの一つになると思う。昨夏の全国覇者・履正社や、一昨年の全国覇者・大阪桐蔭がいる大阪で、その存在感を見せたい。

中尾純一朗投手 185cm79kg 最速138キロ

2020年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト

これまで紹介した選手
第1回:上田西・阿部巧雅投手
第2回:浜松工・杉田蒼希投手
第3回:九州国際大付・酒井教平投手
第4回:大分東明・山下健太朗投手
第5回:高知高・安岡拳児投手

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント