成長が楽しみなBランク選手・山下健太朗投手(大分東明)

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

現在はBランクとして評価している選手の中から、成長楽しみな選手を紹介する企画。今日は大分東明・山下健太朗投手。
第1回:上田西・阿部巧雅投手、第2回:浜松工・杉田蒼希投手、第3回:九州国際大付・酒井教平投手

体つき抜群の143キロ右腕

山下健太朗投手は昨夏の大分大会でマウンドに上がると、2年生ながら体も精神的にも、マウンド上で非常に堂々としていた。体つきは上半身、下半身共に筋肉が見て取れ、股関節の割れも良く、しっかりと体重を乗せてから左足を大きく前に踏み出しても力を支えられる。肩の可動範囲も広く、腕が遅れて出てくるところがあり、そこから投げられる140キロ前後のストレートはバットを押し込んでいるのがわかる。

ただし、左腕の使い方が気になる所で、それが足りないため、変化球ではフォームが緩むように見え、真っすぐでもまだ体重が少し後に残っている所があり、力のある下半身を十分には使い切れずに、最後は上体の力で投げている所もある。最速は143キロだが、まだまだ速くなると思う。

首を使って投げないので、頭がフィニッシュまでキャッチャーミットをしっかりと見ていて制球は悪くない。ただし変化球は固まったフォームではなく、手先でコントロールするようなところがあるため、しっかりと腕を振って、どこにどんな球が行くのかを体で覚えるようにしたい。

昨年の夏の大分大会では、初戦で強豪の藤蔭と対戦、先発をして8回を投げたものの6安打5失点だった。大分はセンバツに出場予定だった大分商に川瀬堅斗投手、明豊に狭間大暉投手というプロ注目の投手がいるが、180cm83kgの山下選手もこれらの投手と比較されることになると思う。大分BIG3として注目される投手になってほしい。

山下健太朗投手 180cm83kg 最速143キロ

2020年度-高校生-大分県のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント