東海大相模、鵜沼魁斗選手、加藤響選手の本塁打で決勝進出

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

東海大相模は、鵜沼魁斗選手、加藤響選手にホームランが飛び出し、三浦学苑に7-1で勝利し、決勝に進出した。

150発カルテット

東海大相模の誇る150発カルテットの内、この日は鵜沼魁斗選手、加藤響選手が火を噴いた。

高校通算55本塁打の西川僚祐選手が今大会で不発が続く中、この日は4番を打った加藤響選手が4回、逆転となる2ランホームランを放つと、8回には鵜沼魁斗選手がダメ押しとなる2ランホームランを放った。

これで西川選手55本、山村選手49本、加藤選手35本、鵜沼選手30本となり、合計169本カルテットとなった。甲子園交流戦での大阪桐蔭戦では4人とも不発に終わったが、加藤選手は「反省を生かせてよかった。積極的に変化球を振ることができました」と話した。また30号に乗せた鵜沼選手は「引退までに30本に行きたかった」と話し、見事に目標を達成した。

今日、相洋と決勝戦を戦い、西川選手の復活弾が見られるか、また、それぞれの進路について話す可能性もあるので注目したい。

神奈川県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
神奈川県高校野球大会はの注目選手を紹介します。
東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント