静岡高・高須大雅投手が常葉大橘を7回1安打完封

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

秋季高校野球静岡大会の中部地区決勝戦で、静岡高校の190cm右腕・高須大雅投手が常葉大橘を完封し、7回コールド7-0で快勝した。

5試合34イニングを1失点

高須大雅投手は、190cmから141キロの速球を投げ、来年のドラフト候補として注目される。今大会では準決勝で初の9回完投勝利を挙げたが、この日は強豪の常葉大橘戦の先発をすると、7回1安打無四球で完封した。

6回までは1-0の投手戦が続いたが、7回にこの日最速の138キロを記録し無失点に抑えると、味方打線が6点を奪い一気にコールド勝利を決めた。

これで高須投手は5試合すべてを一人で投げ、34回を1失点、四死球も3つと抜群の安定感を見せる。ストライクゾーンで勝負をして、テンポをつくるのが自分の投球。1番自信を持っている真っすぐをもっと磨いて、良いテンポをつくれるようにしたい」と話し、自分の投球で秋を駆け抜け、センバツ出場をつかみ取る。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今大会、全5試合(34イニング)を1人で投げ、3四球1失点と抜群の安定感を誇る。それでも、「ストライクゾーンで勝負をして、テンポをつくるのが自分の投球。1番自信を持っている真っすぐをもっと磨いて、良いテンポをつくれるようにしたい」と、さらなる進化を誓った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント