静岡高・高須大雅投手が145キロ記録し更に成長続く

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

静岡高校の高須大雅投手が、6月23日の練習試合で自己最速となる145キロを記録した。

スポンサーリンク

192cm右腕

192cmの長身右腕の静岡高校の高須大雅投手は、冬から徹底的に下半身強化に取り組み、体重は4kg増えて83kgとなった。6月23日の練習試合では自己最速を更新する145キロを記録し、徐々に球速も伸ばしている。

今年のドラフト候補では、天理高校の達孝太投手が193cmの長身右腕投手で、昨年夏の甲子園交流試合や今年春のセンバツなどで登板し、最速148キロを記録した投球で、ドラフト1位候補まで駆け上がった感がある。

高須投手も同じ高身長投手で早くから注目をされ、評価もされているものの、さらにそれを突き破るような衝撃が必要とも感じさせる。強くなった下半身を武器に夏はどんな投球を見せるのか非常に楽しみ。

静岡高校は7月17日に初戦を迎える。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

23日の練習試合では自己最速を1キロ更新する145キロをマーク。それでも「球速よりも空振りの取れる直球を目指しています」と浮かれることはない。中学生の時にテレビで見た楽天・岸の伸びのある直球が「理想」で、投球時はきれいな縦回転を常に意識する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント