関東第一の146キロ右腕・市川祐投手が3回1安打5奪三振、巨人スカウトが視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

プロ注目の関東第一・市川祐投手が夏初登板で好投を見せた。

スポンサーリンク

2400回転

関東第一の146キロ右腕・市川祐投手が、攻玉社戦で先発をすると、3回を1安打5奪三振無四球で無失点に抑える好投を見せた。

この日は巨人の木佐貫スカウトが視察し、「あるも良くなっていると感じましたが、さらに良くなっている」と評価した。

市川投手は1年時に、球質の良いストレートで、高めの球で空振りを奪う球が多く、非常に評価された。しかし、昨年は変化球が多くなり、ストレートの強さがやや無い用に感じられた。

フォーム改造をしたものの、固まらずにいたというのが原因だったようで、今年春もフォーム固めに苦労をしていたが、関東大会で準優勝という結果を残し、「直球の球威、キレが足りない」と見つめ直して、指先のトレーニングを強化した。

その結果、「スピードが3キロくらい、回転数が2000ぐらいから2400台後半まで上がりました」と話す。

素晴らしい質を見せる市川投手の投球に注目したい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・東東京大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球東東京大会、プロが注目する投手が数人いるものの、野手も含めた全体的には例年よりも候補が少なく、ドラフト注目度はC。

最速146キロ右腕で、プロ注目の存在。だが、今春までは投球フォームが定まらずに苦しんだ。関東大会準優勝で終えたが、大会後、何が足りないか、自身を見つめ直した。「直球の球威、キレが足りない」。そこで取り入れたのが、指先のトレーニング。夜間練習で、3キロのダンベルを右の親指、人さし指、中指の3本でつまむように持ち上げた。約50回を週3日。「回転数、キレが上がりました」。測定器で測ると、直球は約2000回転から2400回転まで上昇。最速も3キロ増した。

プロ注市川好発進、3回0封5k スポーツ報知紙面 2021/7/16

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント