天理・達孝太投手が4回3失点で自ら降板、日米11球団スカウト視察し評価は変わらず

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

193cmの長身右腕として注目の天理の達孝太投手が、大和広陵戦で4回を投げて6安打4四死球で3失点し、自ら降板を申し出た。この試合には日米11球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

自ら降板

今夏の初登板となった達孝太投手だったが、ストレートは144キロを記録し、力も見せたが、初回から高めに浮いて四球を与えた。その後もストレートの制球ができず、3回を終えた所で中村監督に4回で降板することを申し出た。「きょうは投げ続けても良い感覚が戻ってこないと思ったので」と話した。

試合は15-3で大勝したが、試合後のインタビューで、「自分をまったくコントロールできず、残念です。ゼロです。ゼロ点です」と自己評価をした。

達投手はセンバツで148キロを記録し、ドラフト1位クラスと評価を受けた。しかし、その大会で右脇腹を痛めて、準決勝の東海大相模戦は登板しなかった。また大会後は右肘の痛みもあった。

「もう痛みとかはまったくないです」と話すものの、センバツ後は練習試合で2試合、2イニングと5イニングを投げただけで実戦が不足している。体力的な状態もまだ7,8割と話している。

スカウト評価

この日は巨人・阪神・東北楽天など日米11球団のスカウトが視察をしたが、評価を大きく変えることはない。

楽天・後関スカウト部長:「手足が長く、彼の高校時代とダブる。5年後、10年後に伸びてくる素材としては抜群」

阪神・山本スカウト:「故障明けでまだ3試合目の登板。ちょっと下半身が大きくなって、腕も振れるようになってきた。きょうの結果は良くなかったし、現状では高知の森木とか市和歌山の小園のほうが上だけども、もともと魅力のある投手で、伸びしろに将来性のある投手。初戦はいい選手でもこういうことがある。だからといって評価が下がることはない。」

元々、大型右腕投手として将来性が注目されていた達投手、しかし、昨年夏の甲子園での投球からこの春のセンバツまでに、実戦でも素晴らしい球を投げ、そして結果を残しており、かなり即戦力の近い形という見方も出てきて、ドラフト1位クラスと評価を受けるようになった。

故障により、風間投手や小園投手に比べると状態は良くなく、夏の間にどこまで戻って来るのかだが、たとえ状態が戻って来れなかったとしても、将来性を十分評価され、ドラフト2位までには指名されると見られる。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・奈良大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球奈良大会、ドラフト上位で指名されそうな選手が投打におり、レベルが高い。全体的には少し候補が少ないののの、ドラフト注目度はA。

ネット裏には日米11球団のスカウトが並んだ。阪神の山本宣史スカウトは「故障明けでまだ3試合目の登板。ちょっと下半身が大きくなって、腕も振れるようになってきた。きょうの結果は良くなかったし、現状では高知の森木とか市和歌山の小園のほうが上だけども、もともと魅力のある投手で、伸びしろに将来性のある投手」と評価は不変だ。

春季奈良大会で右肘を痛め、完調後の実戦登板はこれが3戦目。実戦感覚が戻らないのも無理はなかった。岩隈久志を発掘した楽天の後関昌彦スカウト部長も経緯を踏まえ「手足が長く、彼の高校時代とダブる。5年後、10年後に伸びてくる素材としては抜群」と高い評価は変わらない。

四回に「本来なら悪いなりに投げながら修正していくんですが、今日は投げ続けてもいい感覚に戻らないと思った」と自身の判断でマウンドを降りたが、集まった日米11球団の評価は変わらず。阪神・山本スカウトは「初戦はいい選手でもこういうことがある。だからといって評価が下がることはない。達には将来性の伸びしろに魅力を感じている」とコメントした。

達は「左足がつくタイミングがまったく合わなかった。0点でした」と話した。この日の最速は144キロだった。

【奈良】今秋ドラフト1位候補の天理・達孝太が4回3失点 チームは6回コールド勝ちで準々決勝進出
 今春のセンバツ4強の天理が大勝し、準々決勝へ進出した。今秋ドラフト1位候補の身長193センチ、最速148キロ右腕・達孝太(3年)が、今夏の奈良大会で初登板初先発し、4回3失点だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント