早稲田実が敗退、清宮福太郎選手は早稲田大に進学へ

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

早稲田実が国学院久我山に敗れ、5回戦で姿を消した。注目の清宮福太郎選手は、大学進学を表明した。

スポンサーリンク

大学進学

少年野球時代の活躍は、兄・清宮幸太郎選手に近いものがあったが、早稲田実に入学すると清宮福太郎選手は、兄とは違う形となった。

幸太郎選手は1年の春からレギュラーとして出場し、ホームランの量産を始めた。1年夏の甲子園に出場すると2本のホームランを放った。その後もホームランを打ち続け、最終的には111本を記録している。

福太郎選手は1年時はベンチ入りしないこともあり、スタンドで応援をしている姿もあった。その後、レギュラーとして出場するようになると、ホームランも打つものの、それ以外の面でもチームを引っ張っていく姿が目立つ選手となった。

不運もあった。大切な2年生の時期に、新型コロナの影響で春の大会などが中止された。兄と比較される中で、どのような選手になるのか模索する中で、3年間をプレーした。

早実を引っ張ってきた事について、「大変だったと言われれば大変だったけど、自分だけが苦労したということはない」と話した。そして進路について、「大学しか考えていません。プロとかは全然考えていない。」と話す。

早稲田実のメンバーはほとんどが早稲田大に進学し、エースの田和廉投手など、この日までともに努力し、この日、ともに泣いたナインと「もう1回、一緒に野球ができたら」と話した。

清宮幸太郎選手も大学に進学するかどうか、進路で悩んでいた時期があったと記憶している。福太郎選手が早稲田大でどのような選手になるのか注目したい。

早稲田実業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・西東京大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球西東京大会、大型速球派左腕投手の八王子・羽田慎之介投手や、早稲田実・清宮福太郎選手など注目される選手が多く、140キロ中盤を記録する素質ある投手や1番バッターに楽しみな選手が多い。ドラフト注目度はB。

「大変だったと言われれば大変だったけど、自分だけが苦労したということはない」と気丈に話した。そして、今後について「大学しか考えていません。プロとかは全然考えていない。(エースの田和らと)もう一回、一緒に野球ができたら」と大学進学を表明。早大進学を目指すことが濃厚となった。

国学院久我山のバント攻撃に守備がかき乱された。6つのスクイズを含む12バント(うち内野安打4本)を決められて10失点。清宮は2本の本塁打が飛び出した5回に三遊間を破るヒットで反撃ムードを高めたが、1安打2四球で、この夏はノーアーチに終わった。進路は「大学しか考えていないというか、プロとかは全然考えていない」と明言。ドラフト7球団競合で日本ハムに1位入団した兄とは違う舞台での出直しを誓った。

早実・清宮福太郎、卒業後の進路は「大学しか」東京6大学で頂点を/西東京 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
福太郎の夏が終わった。早実の主将、清宮福太郎外野手(3年)の表情には悔しさがあふれた。シード校の国学院久我山に敗戦。「力負けかなという気がしてます…」と言うと… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
早実・清宮福太郎の夏終わる 「力負け」国学院久我山に敗戦 今後は大学進学を希望 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日本ハム・清宮幸太郎の弟で、早実・福太郎主将(3年)の夏が終わった。国学院久我山のバントを多用した攻撃に苦しめられ、守備も乱れての敗戦に「力負け。(高校野球が終わって気持ちを)切り替えるのが難しい」と声を落とした。1年夏の西東京大会準々決勝でもサヨナラ満塁弾で敗戦し、今春の都大会1回戦で敗れた相手に、またも敗戦。
【西東京】早実・清宮福太郎の夏が終わる 進路は「大学しか考えてない」
 日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で主将の福太郎左翼手(3年)は高校野球最後の夏を終えた。7回には4試合連続となる左前安打を放つも、国学院久我山のバントを使った攻撃に苦しみ、10失点。「力負けかなという
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント