二松学舎大付・秋山正雲投手が5奪三振1失点リリーフで帝京に勝利、好投手が引っ張った東東京大会

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球東東京大会では、二松学舎大付のプロ注目左腕・秋山正雲投手が4回途中から2番手で登板し、5回1/3を5安打5奪三振1失点に抑え、決勝進出を決めた。東東京大会は関東第一・市川祐投手、修徳・床枝魁斗投手、二松学舎大付・秋山投手、帝京・安川幹大投手など、事前に好投手のいる4校として紹介したチームがベスト4に入っている。

スポンサーリンク

リリーフで好投

二松学舎大付vs帝京の試合で、二松学舎大付は2年生左腕でプロも注目している布施東海投手が先発、帝京も1年生ながらエース格として登板する高橋蒼人投手が先発した。

初回に帝京が1点を先制し、布施投手が2アウト1,2塁のピンチを背負った4回に、二松学舎大付は2番手としてエースの秋山正雲投手をマウンドに送る。このピンチをエースが抑えると、5回表の攻撃で秋山選手のタイムリーで同点とし、さらに3点を奪って4-1と逆転した。

秋山投手は9回に1点を失ったものの、5回1/3を投げて5安打5奪三振1失点、9回にこの日最速の145キロを記録するなど140キロ台を連発して抑えきった。

東東京大会

東東京大会は、夏の高校野球・東東京大会(2021)の注目選手で注目選手として取り上げた関東第一・市川祐投手、修徳・床枝魁斗投手、二松学舎大付・秋山正雲投手、帝京・安川幹大投手のいるチームがベスト4に残り、この日は関東第一の市川投手と、二松学舎大付の秋山投手が勝ち上がった。

今日の決勝戦は、その二人の投げ合いとなりそうだ。市川投手は152キロを記録したこの日の投球により、また、秋山投手はいくつかの球団がマークを続けており、再びスカウトが集結することになるかもしれない。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・東東京大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球東東京大会、プロが注目する投手が数人いるものの、野手も含めた全体的には例年よりも候補が少なく、ドラフト注目度はC。
二松学舎大付が王手!エース左腕・秋山が同点打&好リリーフ/東東京
試合終了の瞬間、二松学舎大付のエース左腕・秋山正雲投手(3年)は「すごくうれしい。そんなに良くなかったけど、真っすぐで押したし、三振も狙った」と、グラブをポンと…
【東東京】 二松学舎大付が決勝進出  エース・秋山が投打に活躍
 二松学舎大付が逆転で帝京を下し、決勝進出を決めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント