沖縄尚学・當山渚投手「悔しさを忘れず、次のステップに」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

沖縄尚学の當山渚投手はこの日、盛岡大付の強打線に立ち向かったものの、8回途中まで13安打も粘りの投球をみせたが、8回に2本のホームランを浴びた。

スポンサーリンク

強打線

187cmの金子京介選手、185cmの小針遼梧選手など、180cmを超すスラッガーが並ぶ盛岡大付打線に、1回戦で9回2安打12奪三振完封勝利をしている沖縄尚学の當山渚投手が立ち向かった。

序盤は「きちっと腕をたたんで対応できないのではないか」とインコースのクロスファイアを武器に、1回の打席では2人をショートゴロに打ち取った。しかし4回にこの二人に連打を浴びて2点を失う。それでも「逃げない投球はできた」と7回まで2失点と粘りの投球をみせた。

しかし8回、小針選手にホームランを浴びると、新井流星選手にもホームランを浴びて力つきた。「最初から最後まで、相手に流れを掴まれた」と話した。

進路について當山投手は「この悔しさを忘れず、次のステップに進みたい」と話す。この日、巨大打線に立ち向かった姿とその反省は、當山投手を成長させてくれるだろう。大学、社会人などでの投球が注目される。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の甲子園大会(2021)9日目の組み合わせと注目選手
夏の高校野球、9日目の対戦カードと注目選手です。
沖縄尚学0-4完敗 西日本スポーツ紙面 2021/8/23

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント