専大松戸が敗れる、深沢鳳介投手はプロ志望も考慮、岡本陸投手は大学志望

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

専大松戸が長崎商に2−6で敗れた。プロ注目の深沢鳳介投手は進路について明らかにせず、岡本陸投手は大学進学を希望する。

スポンサーリンク

ハツラツと笑顔で

専大松戸は、昨年秋の千葉大会では3位だったが、千葉県で行われた関東大会でベスト4入りしセンバツ出場をした。春の県大会でも千葉県で準優勝し、関東大会に出場して優勝、そして夏は千葉大会で優勝して、夏の甲子園に出場した。

深沢鳳介投手が秋から春、そして夏までにどんどん成長してゆき、それに伴って岡本陸投手も球が速くなり、夏は深沢投手との2枚看板となるまで成長した。打線は吉岡道泰選手から始まり、考えて得点を奪うスタイルに加え、夏の千葉大会決勝では劇的なサヨナラ満塁ホームランで勝利するなど、勢いも備えたハツラツとした良いチームだった。

この日も3年生は涙を見せることなく、笑顔でインタビューに応えた。深沢投手も「自分たちは、もう1度甲子園に戻ってくると春からスタートしたチーム。夏、もう1度甲子園に戻ってこられた。悔いはないです」とスッキリとした表情をみせた。

進路

このチームもこの日の敗戦で終わりとなり、それぞれの選手が未来へと飛び立つ。

この大会で、初戦に優勝候補の明豊を完封し、大いに注目された深沢鳳介投手は、進路について「まだそこは考えていないです」と話した。プロ志望届の提出も視野に入れ、今後、進路を決めていく。

また、この日先発した岡本投手は「大学に進学してプロを目指したい」と話し、大学進学を志望した。この日は4回2/3で11安打を許し5失点と結果を出せなかったが、ストレートの球速も出ており、伸びのある球を投げていた。大学で体を一回り大きくし、150キロ台の伸びのある球を投げる投手になってほしい。

深沢投手も、現時点ではまだプロでは通用しないと思う。得意の緩い変化球は現段階では見逃され、厳しいインコースの球もカットされるだろう。ストレートの球速を3,4キロ速くし、速い変化球の習得なども必要になる。ただし、持ち前の制球力、安定した精神力やクレバーさ、そして何より、秋からの成長のスピードを見ると、プロ入りして2年後くらいに、1軍で通用する投手になっているかもしれないと感じさせる。

中日の米村スカウトが「プロでやれる」と評価し、この日は横浜DeNAの進藤編成部長など6球団が投球を視察した。プロ志望を表明すれば、ドラフト下位から育成あたりで指名がありそうで、プロでの将来も非常に楽しみだ。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の甲子園、スポーツ紙各紙の注目選手一覧
夏の甲子園に出場した選手を、スポーツ紙各紙がリストアップしている。
進路を表明した高校生選手一覧(2021)
夏の大会も日程が進み、甲子園大会が始まった。既に戦いを終えた高校生からは、進路を表明した選手もいる。進路を明らかにした選手をまとめます。

2番手で登板したドラフト注目右腕・深沢鳳介投手(3年)も「自分たちは、もう1度甲子園に戻ってくると春からスタートしたチーム。夏、もう1度甲子園に戻ってこられた。悔いはないです」と、スッキリした表情を浮かべた。

先発右腕・岡本陸投手(3年)が一回に2失点するなど五回途中5失点。同点後の五回も失点、救援したプロ注目の右腕・深沢鳳介投手(3年)は3回1失点だった。深沢は「春から目標としていた甲子園で投げられて悔いはない」と前を向き、今後の進路については「まだ考えていない」と説明した。

DeNA・進藤編成部長ら6球団のスカウトが視察。実力は十分に印象づけた。

エースがいたから成長できた3年間。今後は「大学に進学してプロを目指したい」という。いつか、大きな舞台で2人が投げ合う日が来るかも知れない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント