花巻東・佐々木麟太郎選手が2打数1安打、センバツ以降8本塁打で高校通算64本塁打に

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツに出場した花巻東が、春季高校野球岩手大会の花巻地区予選2回戦で登場し、注目の佐々木麟太郎選手は3番ファーストで出場した。

スポンサーリンク

64本塁打

センバツ後初となる公式戦、花北青雲と対戦した花巻東は注目の佐々木麟太郎選手が第1打席は空振り三振、その後、死球、四球と続き、4回に回った第4打席では低めのスライダーを運び、フェンスにワンバウンドで達するタイムリー2ベースヒットとなった。「風に乗ってあそこまで飛んでいった」と話した。

佐々木選手はセンバツで、プロ注目の市和歌山・米田天翼選手の前に4打数ノーヒット2三振に倒れた。「ふがいない結果に終わってしまって、自分でも追い込んでいかなければと思いながら練習してきた」と話す。

そして、その試合の2日後から練習試合を重ねて8本塁打を放ち、高校通算を64本にしたという。「センバツが終わって0からスタートするという意味でも初心に帰って、去年の結果は一切気にせず、今年は今年で最高のパフォーマンスができるように頑張っていきたい」と話す。

昨年12月に両肩を手術してから、センバツまで急ピッチで仕上げていたが、「なかなかスイングスピードや打球速度が落ちてきた状態。ここから一歩でも上げていけたら」と話していた。いよいよ本調子に持っていくペースとなりそうで、この夏もホームランの量産は期待される。

来年には高校通算何本になってドラフト会議を迎えるのか楽しみだ。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】花巻東が春の初戦で圧勝発進! 佐々木麟太郎は試合後に“大谷超え”を明かすも「チームメートが打たせてくれた」
 花巻東が、春の初戦を快勝で飾った。まずは初回2死二塁、主将の田代旭捕手(3年)の中前打で先制するなど初回に2点を奪取。2回には打者一巡10人の猛攻で5点を奪った。
花巻東・佐々木麟太郎 大谷抜いた!64発到達明かす 悔しさバネにセンバツ敗戦後8本量産/デイリースポーツ online
 「春季高校野球岩手大会・地区予選2回戦、花巻東12-1花北青雲」(3日、花巻球場) 今春センバツに出場した花巻東が五回コールドで花北青雲を下し、県大会出場を決めた。注目のスラッガー・佐々木麟太郎内野手(2年)は「3番・一塁」で先発出場し、2打数1安打1打点。センバツ時は56本だった高校通算本塁打が、64本に到達したこ...
花巻東・佐々木麟太郎 高校通算64発清原に並んでいた!「初心に返って」センバツ後8発 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今春のセンバツに出場した花巻東(岩手)が、春季岩手県大会花巻地区予選2回戦で花北青雲に12―1で5回コールド勝ち。県大会出場を決めた。注目のスラッガー佐々木麟太郎内野手(2年)は、1安打1打点で2四死球。センバツ後の練習試合で8本塁打し、高校通算本塁打は松井秀喜(星稜)の60発を抜き、清原和博(PL学園)の64発に並...
【高校野球】花巻東・佐々木麟太郎、大谷翔平や菊池雄星つけた背番17で1安打「初心に返り」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
高校通算64本塁打(公式戦12本、練習試合52本)を誇る花巻東(岩手)のスラッガー、佐々木麟太郎内野手(2年)が、新年度最初の公式戦で適時二塁打を放った。「3… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
佐々木麟太郎、清原に並ぶ64号! 花巻東の怪物2年生、春の公式戦圧勝発進/春季岩手大会
岩手大会の花巻地区予選は2回戦が行われ、花巻東は花北青雲に12ー1で五回コールド勝ち。初戦で敗退した今春の選抜大会後初となる公式戦で快勝し、県大会出場を決めた。…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント