ルーキー明暗、オープン戦初戦のルーキーの成績

吉田大喜, 小深田大翔, 郡司裕也, 宇草孔基, 森下暢仁, 杉山晃基, 河野竜生

この日はオープン戦4試合が行われ、本格的に始まった。各球団のルーキーも試合に出場をしたが明暗が分かれた。ただこの日の結果は、良くても悪くても一喜一憂することはない。

ルーキー明暗

東京ヤクルトvs広島

広島のドラフト1位ルーキー森下暢仁投手は先発して3回2安打2失点、初回1アウトからヒットを許すと四球の後に雄平選手に2ベースヒット、その後、死球を与えるなど緊張感で固さの見られる投球だった。しかし2回は三振と内野ゴロ2つ、3回は味方のエラーがあったものの落ち着いて抑えた。

ドラフト2位ルーキー・宇草孔基選手は6回に代打で登場するとレフト前にヒットを打った。そのまま指名打者に入り7回は三振。2打数1安打。

東京ヤクルトは2番手でドラフト2位の吉田大喜が登板し2回をパーフェクト。詳細

6回から3番手でドラフト3位の杉山晃基投手が登板も、こちらは1回0/3を投げて6安打3四球で6失点と乱調だった。大学時代も同じような場面が見られており、これを乗り越えられるかが今後のカギとなりそう。

北海道日本ハムvs巨人

北海道日本ハムは3回から2番手でドラフト1位の河野竜生投手が登板も、中島選手のヒットのあと野選などでピンチが広がり吉川尚選手に2ベースヒット、モタ選手にヒットを浴びた。しかし4回は岡本選手から三振を奪うと、大城、石川を内野ゴロに打ち取った。2回3安打2失点。

横浜DeNAvs東北楽天

東北楽天ドラフト1位の小深田大翔選手が1番ショートで出場すると、初回にライトへ2ベース、その後、ライト前ヒット、四球、セカンドエラー、ライトへ2ベースと3打数3安打の活躍を見せた。相手の守備のミスを突いてホームを踏むなど、出塁すると67%の確率でホームに還ってくる。

中日vs阪神

中日ドラフト4位の郡司裕也選手が8回に代打で登場したがサードゴロ。

 

これから対外試合に、そしてプロとの対戦に慣れ、現時点での自分力を見せてほしい。


PAGE TOP