今日プロ野球キャンプスタート、開幕1軍に残るルーキーは?【パ・リーグ編】

オリックスルーキーニュース 千葉ロッテルーキーニュース 埼玉西武ルーキーニュース ルーキーニュース 東北楽天ルーキーニュース 福岡ソフトバンクルーキーニュース 北海道日本ハムルーキーニュース

本日からプロ野球キャンプがスタートする。開幕1軍まで残ることができそうなルーキーを予想してみます。パリーグ編

スポンサーリンク

埼玉西武

1軍:①隅田知一郎投手、②佐藤隼輔投手、③古賀悠斗捕手
2軍:④羽田慎之介投手、⑤黒田将矢投手、⑥中山誠吾内野手

昨年のドラフト会議で指名が集まった隅田投手は、開幕1軍ルーキーの大本命だろう。上手く調整をして、キレのある速球と変化球を紅白戦で見せ、まずはどれだけの投球ができるか。個人的にはこの課題をクリアしてくれると期待している。それができればあとは開幕ローテーションまでのペースで調整し、開幕に合わせるような感じになってきそう。

2位の佐藤投手も、昨年秋の故障は心配だが、ブルペンではものすごい球を投げて話題になるかもしれない。こちらも紅白戦、オープン戦で大きなアピールをしそうで、開幕ローテに二人が入ることも想像できる。

2軍スタートとなった中山選手は、渡部健人選手が1軍スタートとなったため直接比較ができなくなったが 、キャンプ中盤の紅白戦で呼ばれて、渡部選手と直接比較するする機会が訪れると思う。スケール、長打力などは引けを取らないと思う。

北海道日本ハム

1軍:③水野達稀内野手、⑨上川畑大悟内野手
2軍:①達孝太投手、②有薗直輝内野手、④阪口楽内野手、⑤畔柳亨丞投手、⑥長谷川威展投手、⑦松浦慶斗投手、⑧北山亘基投手

課題とされる内野手で、水野選手、上川畑選手というスタイルが対極的な二人が争うのが興味深い。水野選手は動きに華があり、長打力もあってチャンスに結果を残すようなスター選手の気配がある。上川畑選手はプロでも上手い選手に入りそうな職人的守備と、内野ゴロなどで泥臭く出塁をするスタイルでそれぞれプロ入りを掴んだ。守備は1軍レベルとみられる。

ともに新庄監督にアピールすることになるが、新庄監督がどちらを好むかも興味深い。個人的に2人とも開幕1軍に残り、水野選手は開幕スタメンショートの期待をしている。

福岡ソフトバンク

1軍:②正木智也外野手、④野村勇内野手
2軍:①風間球打投手、③木村大成投手、⑤大竹風雅投手

2位の正木選手に注目。柳田、栗原、グラシアルという外野陣に、中村、上林、柳町選手が揃う中、まずは柳田選手がいないうちに外野手の3番手の評価を勝ち取りたい。そのためには打撃でかなりのアピールが必要となるが、その実力は持っていると思う。オープン戦ではホームランでアピールし、開幕1軍に残ると思う。

風間投手は、千葉ロッテの佐々木朗希投手のペースに従う形で、2年目での1軍登板のペースで良いと思う。

東北楽天

1軍:②安田悠馬捕手、⑤松井友飛投手、⑥西垣雅矢投手、⑦吉川雄大投手
2軍:①吉野創士外野手、③前田銀治外野手、④泰勝利投手

5位の松井投手は、体も大きく球速も出る。そして大学4年時は変化球もしっかりと投げられており、かなりの素質がある。ただし、プロのストライクゾーンで投げるにはさらに磨く必要のある要素があると感じる。6位の西垣投手も動く球で勝負するタイプで、ストライクゾーンの対応には少し時間が必要かもしれない。

2位の安田選手は、石井監督が他のポジションでの起用も示唆している。大学では愛知リーグ2部で長打力を見せていた。レベルの高いリーグではあるが、プロ1軍の投手のコントロールに対応するには、まだ少し時間が必要かもしれない。守備面でのアピールはまだ難しいと思うので、とにかく打撃で首脳陣に印象を残しておきたい。

千葉ロッテ

1軍:①松川虎生捕手、②池田来翔内野手、③廣畑敦也投手、⑤八木彬投手
2軍:④秋山正雲投手

2位の池田選手は中村奨吾選手の位置でやることになり、まずはそのレベルを体感することになる。そしてやはり打撃でアピールをして、首脳陣がサードやショート、ファーストなどでの起用法を考えるところまで行きたい。サードやファーストでの開幕1軍起用という可能性もある。

廣畑投手は、昨年の前半の球の力、投球ができれば、先発投手として一角に食い込んでくる力がある。とは言うものの、昨年終盤こそ厳しかったが、佐々木朗投手、美馬投手、石川投手、岩下投手、二木投手に河村投手など層が厚い投手陣で開幕ローテーションに入るのはかなりのアピールが必要となる。

オリックス

1軍:②野口智哉内野手、③福永奨捕手、④渡部遼人外野手、育①山中尭之外野手
2軍:①椋木蓮投手、④池田陵真外野手、⑤横山楓投手、⑥小木田敦也投手

昨年のパリーグ覇者だが、ドラフト指名のおかげで一番ポジション争いが面白いキャンプになりそう。優勝して緩みそうなところを厳しいキャンプしたことで、昨年のドラフト指名の意味は大きいかもしれない。

野口選手は紅林選手と対決、スイング力は紅林選手に勝るとも劣らないところ、守備も今のところどちらが上とは評価できない。福永捕手も伏見選手、若月選手と比較して、十分やっていけるような力がある。外野手も渡部選手は福田選手以上の守備力を見せそうで、足と打撃でガチバトルとなりそう。

投手は2軍スタートとなるが、小木田投手は先発として多彩な投球ができ、椋木投手と横山投手もストレートの力が素晴らしく、リリーフ陣の一角を食ってくる可能性が十分ある。

もしかすると複数のルーキーが開幕1軍のベンチ内にいるかもしれない。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント