ヤマハに萩原英之選手、波多野陽介投手など強力4選手が加入

波多野陽介, 近藤卓也, 萩原英之, ヤマハ, 藤岡康樹

社会人野球のヤマハはこの日、新加入の4選手の紹介を行った。152キロの速球を投げる波多野陽介投手、九州学院時代に1年生4番として甲子園でホームランを放った萩原英之選手、青学大の187cm右腕・近藤卓也投手、東農大の100kg内野手・藤岡康樹選手など潜在能力の高い選手が加わる。

充実の補強

投手では152キロの速球を投げる波多野投手と、最速143キロながらツーシーム、シュートなど6種類の変化球を投げる大型右腕の近藤投手が加わる。

また内野手の藤岡選手は体重は100kgあるものの50m6.2秒の足があり、盗塁も決めていたという。またサードの守備も器用にこなし、広角に打ち分けるバッティングも見せる。

そして外野手の萩原選手は九州学院の1年生4番として、PL学園・清原和博選手以来の甲子園でのホームランを放った選手。高校でも進学した明治大でも期待をされたものの、伸び悩んでいる。

美甘監督は「潜在能力は高く、しっかり練習を重ねればプロも十分狙える」と話す。昨年は池田駿投手が巨人のドラフト4位で指名され、今年は鈴木博志投手が最速154キロの速球を投げドラフト1位候補として注目される。新加入の4人もヤマハで大きく成長してプロ入りをしてほしい。

ヤマハのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

体格に似合わず動きは鋭く、東農大時代は主に三塁手を担当。50メートル走も6秒2で「先輩たちがビックリしていました」。塁に出ても相手バッテリーに警戒されることがほとんどなく、「盗塁もよく決めました」と笑顔で話した。


PAGE TOP