来年はJR東日本、太田龍投手、西田光汰投手に山口裕次郎投手も奮起

社会人野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

JR東日本は来年のドラフトの注目チームの一つに挙げられる。153キロ右腕の太田龍投手、大きな変化球を持つ西田光汰投手、そして2016年のドラフトで日本ハムから6位指名を受けていた山口裕次郎投手が、来年のドラフト会議での指名を目指す。

高校3年目

2016年のドラフト会議で、北海道日本ハムから6位で指名された履正社の山口裕次郎投手、180cmの左腕投手で当時は145キロの速球を投げ、東京ヤクルトにドラフト1位で指名された寺島成輝投手とともに注目された。しかし、順位縛りを設けてのプロ志望届提出で、北海道日本ハム側と交渉をして入団を辞退し、北海道日本ハムも成長を応援する形で円満に辞退を受け入れている。

その山口投手はJR東日本に進み、1年目から登板をするなど大きな期待をされていた。しかし、投球フォームを崩し球速が130キロ前後しか出なくなるなど、大きな苦難に当たってしまう。「ずっと合わないままやっていた感じ」と社会人2年間の苦労を話した。

その間にJR東日本は、同じく高校から入ってきた同学年の太田龍投手、西田光汰投手が台頭し、山口投手も「悔しいは悔しいですね。負けてられない」と話した。地道に筋力をつけるトレーニングを行い、球速は137キロまで戻すと、「きっかけが見えてきました」とようやく兆しが見えてきたという。

ドラフト会議のルールでは、一度入団拒否をされた球団は、次のドラフト会議の機会に同じ選手を指名することはできない。しかし、選手本人が了承すれば指名をすることができる。まず、山口投手は2016年くらいの状態に戻っているかどうか、そして特に北海道日本ハムが山口投手を指名するかどうか、来年のドラフトが注目される。

台頭した二人

そのJR東日本では、太田龍投手、西田光汰投手がドラフト上位候補として注目される。太田投手は190cm92kgから最速153キロの速球を投げ、ドラフト1位候補として注目される。今年の都市対抗でも3試合に登板したが、制球に苦しんで四球を与えてピンチを招いた場面もあり、「調子が悪くても勝たせられるピッチャーになりたい」と話した。また、「まだ体も作れると思いますし、もっともっと出せる」と話し、158キロを目標に球速も伸ばしていく。

また、西田投手は大体大浪商時から140キロ後半の速球を投げていたが、社会人1年目の8月に右ひじの遊離骨を除去する手術を受け、まずは不安なところを取り除いてからのスタートとなった。それでも今年はリリーフとして信頼される投手になり、都市対抗2回戦では5者連続三振を記録するなど力を見せた。最速147キロの速球にスライダー、フォークなど4種類の変化球を投げ、「空振りが取れるようになった」とそのすべてで空振りを奪える。西田投手も「最低150キロ」と話し、来年はさらに飛躍を目指す。

高校卒3年目の選手は、若さもありプロから非常に好まれる傾向がある。太田投手、西田投手、山口投手はその点も含めて評価が高まりそうだ。太田投手は、「社会人に行く時に1位でプロに行くことを目標にした」と話し、西田投手も「プロには絶対行きたい」と力強く話した。JR東日本では他にも注目される選手もおり、チームがこの3人全員にプロ入りを許可するかどうかも注目される。

JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

臀部(でんぶ)の筋肉や肩周りの筋肉を鍛えるなど地道なトレーニングで、「きっかけが見えてきました」と視界は良好だ。シャドーからネットスロー、キャッチボールと段階を踏んでフォームを見直し、137キロまで球速を取り戻した。「まだまだ上げられる、上げていきたい」と復調気配を漂わせる。

19年はドラフトイヤーだ。太田、西田とも高校時代からプロ注目の逸材。「社会人に行く時に(ドラフト)1位でプロに行くことを目標にした」(太田)。「プロには絶対行きたい」(西田)。ともにフル回転し、都市対抗での優勝を置き土産に羽ばたく覚悟だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント