JR東日本は太田龍投手、西田光汰投手、山口裕次郎投手、糸野雄星投手に注目

JR東日本, 山口裕次郎, 西田光汰, 太田龍, 糸野雄星

社会人野球のJR東日本には今年、太田 龍投手、西田 光汰投手、山口 裕次郎投手、糸野 雄星選手の4人がプロから注目されている。

高校時から注目

4人はすべて高校卒3年目の選手、そしてそろって高校時代はプロから高い評価をされていた選手たちだった。

太田 龍選手は鹿児島・れいめい高校で190cmの長身から140キロ後半の速球を投げる投手として、都城高校からオリックスにドラフト4位で指名された山本由伸投手と、ドラフト上位候補にも挙がる投手だった。そして山本投手が1年目からその素質を見せ、昨年はリリーフでリーグを代表する投手に成長を見せると、太田選手もJR東日本で153キロを記録し、都市対抗でエースとしての活躍を見せている。今年のドラフトでは社会人投手NO.1としてドラフト1位での指名が予想される。

山口 裕次郎投手は履正社高校で、2016年のドラフト1位でヤクルトに指名された寺島成輝投手とともに注目された185cmの大型左腕で、2016年には日本ハムにドラフト6位で指名されたものの、順位に縛りをかけており、日本ハムと交渉の末、社会人野球に進むことを選択した。JR東日本では1年目から田嶋大樹投手とともに左の先発として投げるなどしていたが、球威など体力不足も感じており、「体力作りからやってきて、次は3年目。寺島から、プロはどんな感じか聞いているので、自分がどうしていけばいいかは考えている」と先を見据える。

その山口投手とともに大阪の注目選手だった大体大浪商の西田光汰投手は、プロ志望届を提出していたものの指名されず、JR東日本に進んだ。高校時代から147キロの速球を投げているが、JR東日本では大きく曲がるフォークボールに磨きをかけ、昨年の都市対抗ではリリーフとして活躍を見せた。「自分は野球で生きていくしかない。気合、投げっぷりでは、誰にも負けたくない」と話し、広島の野村投手をイメージして今年は先発として投げることを目標とする。

そして糸野 雄星選手は明秀日立時代に内野手として高校通算46本塁打を放ち、横浜DeNAベイスターズでポスト筒香と期待される細川成也選手とともにプロが大注目した。打者は社会人野球のレベルの高さに対応するのは時間がかかるため、まだ特に目立った実績というのはないが、今年は二塁や三塁のレギュラーを奪い、鋭い打球を見せてくれそうだ。

社会人野球は高校卒3年目で力を見せている選手がドラフトで指名される可能性が高い。JR東日本の高卒3年目カルテットに注目が集まる。

JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2016年高校生プロ志望届提出選手一覧
プロ志望届を出さなかった高校生注目選手一覧(2016)

鹿児島・れいめい高時代から逸材として知られていた太田は「真っすぐは自信があるので、変化球の精度を上げ、目標の都市対抗優勝へ、自分が引っ張っていく」と誓う。直球の最速は153キロ。長身を生かした角度もある。


PAGE TOP