九州四天王、JR東日本の太田龍選手に注目

JR東日本, 太田龍

西日本スポーツでは裏1面で、JR東日本の太田龍投手の紹介をしている。

2016九州四天王

2016年は九州の高校生投手に注目が集まり、都城・山本由伸投手、九州産業・梅野雄吾投手、福岡大大濠・浜地真澄投手、そしてれいめいの太田龍投手がともに150キロ前後の球を投げる投手として九州四天王と呼ばれた。

特に山本投手はドラフト1位候補とも評価されたが、2016年のドラフトでは梅野投手が東京ヤクルトのドラフト3位、浜地投手が阪神の4位、山本投手がオリックスの4位で指名された。そしてプロ入り後はともに150キロ超の速球を投げ、山本投手は昨年はリリーフとしてパリーグの強打者も圧巻の球を投げた。梅野投手・浜地投手もチームの期待の投手の一人となっている。

その中で唯一プロ志望届を提出しなかったのが、190cmの身長から140キロ後半の速球を投げていた太田龍投手、3年生夏の大会で肘を痛めた事もあり、社会人入りを選択した。次々とドラフトで指名されてゆき、プロで投げる姿を見せているライバルについては「あの3人とライバルとして見ることはない。自分は自分だから」と話した。

その太田投手はJR東日本で最速153キロのストレートや130キロ後半のスプリット、125キロ前後のスライダー、115キロ前後のカーブを投げ、ドラゴンボールと呼ばれるストレートの威力と、スピードも各段階で違う多彩な変化球で、昨年に頭角を現した。今年1月には12球団のスカウトが新年のあいさつを済ませており、社会人NO.1投手という評価は間違いない。

JR東日本では田嶋大樹投手や昨年も板東投手が指名され、8年連続でドラフトでの指名が続いている。太田投手も「プロに行く方は、全体練習以外に一人で黙々と汗を流していた印象が強い。」と話し、インナーマッスルのトレーニングやストレッチを欠かさない。

今年のドラフト1位指名はほぼ確実とみられ、来年には山本投手、梅野投手、浜地投手と同じ舞台に立つ。その時に太田投手は3人をライバルとして見るのではなく、3人が太田投手を意識するような感じになるだろう。

2019年度-社会人投手のドラフト候補リスト
JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

16年「九州四天王」最後の逸材 太田龍、進化!!ドラゴン 西日本スポーツ紙面 2019/2/8

 


PAGE TOP