来年ドラフトへ、東芝・吉村貢司郎投手が152キロ、NTT西日本・森翔平投手が147キロ

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

都市対抗野球、東芝vsNTT西日本の試合は、6−0でNTT西日本が勝利。来年のドラフト候補となる東芝の吉村貢司郎投手が152キロを記録、NTT西日本の森翔平投手も147キロを記録した。

スポンサーリンク

内容はいまいちも

東芝は6回、国学院大時代にプロも注目したルーキーの吉村貢司郎投手が登板するといきなり150キロを記録し、その後も150キロ前後のストレートを投げ込み、最速は152キロまで伸ばした。1回1/3を投げて3つの四球を許し制球はもう一つだったが、三振も3つ奪い、まずまずの投球を見せた。

183cmの大型右腕投手で球速もプロが注目するレンジに入ってきており、今のままでは指名確実という感じではないが、来年の活躍によって指名の可能性が十分あるところに入った。

試合はNTT西日本のベテラン、濱崎投手が8回2安打9奪三振無失点の圧巻投球を見せる。そのまま完封するかと見られたが、9回に三菱重工神戸・高砂から補強されており、来年のドラフト上位候補左腕として注目される森翔平投手が登板した。

森投手は最速147キロのストレートを投げ込んだものの、変化球にやや精細を欠き、ストレートを狙い撃ちされて1回3安打で1失点をした。それでも四死球は0、2つの三振を奪い力を見せた。

森投手も来年のドラフトに向けて、十分楽しみな投球を見せた。これからの試合で内容的に良い投球を見せ、来年への足掛かりにしたい。

都市対抗野球(2020)2日目の対戦カードと注目選手
都市対抗野球本戦。2日目の今日からは3試合が行われます。対戦カードと注目選手の一覧です。
2021年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント