Honda鈴鹿が初戦突破、貞光広登選手・長壱成選手2安打に八木玲於投手154キロ

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

Honda鈴鹿がこの日、都市対抗初戦の日本生命との試合で5−4で勝利し、初戦を突破した。貞光広登選手、長壱成選手などがマルチヒットで打線が繋がった。来年ドラフト候補の八木玲於投手は154キロを記録した。

スポンサーリンク

154キロ

来年のドラフト上位候補として注目される八木玲於投手は、7回1アウトから登板し、最速154キロを記録した。しかし制球に苦労し、三振を1つ奪ったものの1安打を許して1/3回で降板した。

また打線がつながった。3番サードで出場した来年ドラフト解禁の貞光広登選手が2安打1打点を記録。9番のプロ注目捕手・長壱成選手もマルチ安打を記録、1番・松本選手以外の先発全員がヒットを打って、細かく加点し、8回まで5−3とリードした。

試合は、西濃運輸から補強されている4年目の堀田晃投手がリリーフで力投、9回に1点差まで追い上げを許したが、2回1/3を投げて3安打5奪三振1失点に抑え、Honda鈴鹿が初戦を突破した。

八木投手は天理大時代から154キロの速球を投げており、この日もその球威を見せた。大学時代はリリーフとしてもっと制球は安定していたので、今後の試合の投球に注目したい。

都市対抗野球(2020)2日目の対戦カードと注目選手
都市対抗野球本戦。2日目の今日からは3試合が行われます。対戦カードと注目選手の一覧です。
2021年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント