【社会人野球】東京スポニチ大会の組み合わせと注目選手

社会人野球ドラフトニュース

3月8日に開幕する東京スポニチ大会の組み合わせが決定した。対戦カードと注目選手を紹介します。

対戦カード

注目選手

昨年都市対抗覇者のHondaは注目選手が多い。1年目でエースとして若獅子賞を獲得した朝山広憲投手は珠の力が増しているか、高校卒3年目の米倉貫太投手は151キロの速球を投げるが、変化球なども磨かれて長いイニングを投げられるようになっているか。一昨年に素晴らしい投球を見せたものの、昨年はホームのバランスを崩していた小野大夏投手の復活などに注目したい。打者でも昨年ルーキーで活躍した檜村篤史選手、Honda・千野啓二郎投手、津田翔希選手に、捕手の藤野隼大選手、高校卒3年目の高山遼太郎選手など注目選手が多い。

またルーキーでも昨年秋に大活躍を見せた桐蔭横浜大の左腕・片山皓心投手、2m左腕でプロも注目した早稲田大の今西拓弥投手、151キロ右腕でこちらもプロ注目の立命館大・有村大誠投手、横浜高・法政大でスラッガーとして活躍した村田雄大選手の4人が入り、ますます注目が高まる。

鷺宮製作所は4年目になる平川裕太投手が、社会人のエース格のような安定感を見せる。その中で今年2年目でドラフト候補になる150キロ右腕の小孫竜二投手が、エースの座を奪う投球ができるか。俊足強打の米田虎太郎選手、打撃に力がある大神田丈選手なども注目。東日本国際大の145キロ左腕・佐々木大輔投手や東洋大の遊撃手・小川翔平選手のルーキーも注目。

TDKは153キロエースの小木田敦也投手と、都市対抗で154キロを記録した鈴木大貴投手の2枚看板が注目。1番の北畠栞人選手もシュアな打撃とスピード感あふれるプレーがある。三菱自動車岡崎は昨年もドラフト候補に名前が挙がった187cmから152キロの速球を投げる左腕の坂巻拳投手が登板するか。五十嵐滉希選手、大工原壱成選手の中大コンビも活躍を期待したい。

三菱自動車倉敷オーシャンズは、昨年の都市対抗で154キロを記録し、王者JFE東日本に完投勝利した廣畑敦也投手が今年のドラフト上位候補。Honda鈴鹿も都市対抗で内容は良くなかったが154キロを記録した八木玲於投手、148キロの素晴らしい球を投げた花城凪都投手、そして昨年中日が注目した高校卒4年目になる松本竜也投手などが注目。貞光広登選手、長壱成捕手なども注目される。

JFE東日本は昨年のドラフトで強打線の一角・今川優馬選手は北海道日本ハムに指名された。平山快選手、峯本匠選手などがおり、今川選手に続けるか。また捕手の下地滉太選手も高校、大学で注目された選手。ルーキーでは昨年のドラフトで上位候補にも名前の挙がった東海大の155キロ右腕・小郷賢人投手がおり、また高校卒2年目になる日大三出身の広沢優選手も注目される。

東京ガスは昨年に復活の兆しを見せた菅野秀哉投手、そしてドラフト指名解禁となる高橋佑樹投手が球威を増すことが出来ているかが注目。早稲田実、早稲田大で注目された加藤雅樹選手も凄さを見せたい。昨年ドラフト候補として注目された北九州市立大の152キロ右腕・益田武尚投手もルーキーとして注目される。

東芝は昨年都市対抗で152キロを記録した吉村貢司郎投手が期待されるほか、大学時代に154キロを記録した北山比呂投手、同じく大学時代に外野手としてプロから注目された谷川刀麻選手などがいる。ルーキーでもドラフト候補として注目された横浜商大の左腕・藤村哲之投手や強打者の東農大北海道・赤尾光祐選手、専修大の大庭樹也選手、東海大の松山仁彦選手が加わり、打撃も強化されそうだ。

昨年都市対抗4強の日本新薬は、昨年ドラフト候補に挙がった福永裕基選手や今年指名解禁の船曳海選手が注目される。岩本喜照投手は5年目になるが威力十分、山上大輔投手、藤川昂蓮投手など150キロを記録しポテンシャルの高い投手もいる。ルーキーでも151キロを記録しプロが注目した中内亮太投手、関西を代表するスラッガーの橋本和樹選手、大石航輝選手が加入し楽しみ。

明治安田生命は攻守に定評のある高瀬雄大選手、今年ドラフト指名解禁の小玉和樹投手などが注目、沖縄電力は沖縄尚学卒業で3年目になる146キロ左腕の知念大成投手の成長に期待したい。

日本製鉄鹿島は153キロ左腕の北南達矢投手、アンダーハンドの若山蒼人投手、ショートの守備で定評のある池間誉人選手が楽しみ。ルーキーでは国学院大を支えたリリーフ左腕の諸見里俊投手などが注目される。

ENEOSは柏原史陽投手がベテランとなるも力のある球を見せるが、若い投手の奮起も期待したい。慶応大の関根智輝投手、筑波大の加藤三範投手、立正大の糸川亮太投手、明豊の若杉晟汰投手といった実戦派の投手が加わるが球威を増していけるか。野手ではU18、大学で日本代表の主将を務めた篠原涼選手、法政大で1シーズン5本塁打を放った安本竜二選手が指名解禁、ルーキーでも瀬戸西純選手、瀧澤虎太朗選手、度会隆輝選手といったプロ注目の選手が加入する。

JR東海は強肩強打の捕手・伊藤寛士選手や148キロ右腕の宮本佳汰投手などが楽しみ。明豊の布施心海選手が加わる。カナフレックスは新宅優悟選手や田代竜貴選手など身体能力の高い選手がおり、ルーキーでも146キロの本格派・創価大の中田聖太郎投手や148キロの中央学院大・高瀬翔悟投手が加わる。

2021年度-社会人投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント