横浜商大・平木隆世投手が横浜DeNA2軍相手に3回3失点

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

 横浜商大と横浜DeNA2軍とのプロアマ交流戦が行われ、横浜商大は岩貞祐太2世と期待される平木隆世投手が登板した。

力はまだまだ

 平木隆世投手は183cmの長身左腕投手で、必由館高校出身、同じく必由館から横浜商大を経て2013年に阪神にドラフト1位指名された岩貞祐太投手と同じく期待されている。

 4年生となり今年のドラフト候補左腕だが、この日は横浜DeNA2軍に2回2/3を投げて3安打5四死球3失点だった。2回までは無失点も3回に味方のエラーから崩れ3失点した。

 球速は138km/hだったが、「右打者の内角にいい球はいっていた。自分なりにはいいピッチングだった」と話した。

 また、新3年生になり来年のドラフト候補左腕の左澤優投手も4回を投げて5失点、こちらも最速141km/hの左腕投手で、今季の活躍が来年のプロ入りに大きく影響をするとみられる。活躍を期待したい。

 他には横浜隼人で29本塁打を放ち、今年横浜商大に入学する藤澤浩太選手が6番ライトで出場し、2回に初安打を放った。

横浜商科大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 先発の左腕、平木隆世投手(2年=必由館)は183センチの長身から力のあるボールを投げ込んだが、3回に失策が絡み、3点を失った。  2回2/3、3安打3失点の内容に「今日は監督に攻めるピッチングをしろと言われた中で、インコースだったり、相手は関係なく、自分なりにはいいピッチングができたと思います」と、手応えを感じていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント