大学日本代表VSイースタン混成、藤岡貴裕2失点、菅野智之1失点

菅野智之, 野村祐輔, 藤岡貴裕, 東洋大, 東海大, 伊藤隼太, 中後悠平, 近大, 慶大, 明大

 大学日本代表vsイースタン混成チームの試合が行われた。

 大学の先発は東洋大・藤岡貴裕投手、大学全日本選手権以来の実戦登板となったが、1回は1番巨人・大田泰示選手(2008年ドラフト1位)を空振り三振に切って取るなど1四球ながらノーヒットに抑えるも、2回に埼玉西武・坂田遼外野手(2008年ドラフト4位)と東京ヤクルト・荒木貴裕(2009年ドラフト3位)に連打を浴びると、巨人・鬼屋敷正人選手(2009年ドラフト2位)にタイムリーを浴び、千葉ロッテ・翔太選手(2009年ドラフト3位)の時に暴投で合計2点を失った。

 3回からは明治大・野村祐輔投手が登板、連打でノーアウト1,2塁としたものの、併殺に取るなど無失点に抑えると、4回は翔太選手を見逃し三振にとり2回を無失点に抑えた。

 5回からは近大・中後悠平投手が登板、5回は1安打を許すも三振も一つ奪い無失点、しかし6回に3本のヒットを許して2失点に終わる。

 7回は法大の三上朋也投手が登板し、1四球を出すも2つの三振を奪う好投を見せた。

 8回からは今大会抑えを任された東海大・菅野智之投手が登板、8回に1死から1四球2安打で満塁とし、大田泰示選手に犠牲フライで1点を失うも、続く東京ヤクルト・上田剛史選手(2006年高校ドラフト3位)を三振に切って取った。9回は3番で東海大の先輩となる巨人・田中大二郎選手(2006年高校ドラフト3位)から三振を奪うと、1安打を許したものの併殺で3人で抑えた。

 一方、4番に入った慶大・伊藤隼太選手は、第1打席から第3打席まで三打席連続三振、9回に先頭打者で内野安打を放つも4打数1安打という成績だった。

 大会前の調整という事もあり失点がそのまま不安に思うことも無いと思うが、春からの厳しいリーグ戦や選手権の疲れもあり、一番厳しい時期であると思う。ただし来年プロ入りすればシーズンを通した活躍が期待される選手たちでもあるので、そのあたりも注目したい。ケガだけはしないようにしてほしい!

  •  - 

  • PAGE TOP