東海大・菅野智之投手は抑え!

菅野智之, 東海大

 日米大学野球の日本代表・金光興二監督は、東海大の菅野智之投手を、先発、抑えなどオールラウンドに活躍してもらうが、重要な場面での登板になるだろう、と守護神として起用されるようだ。

 菅野投手は昨年の世界選手権でも代表としてプレーし、キューバ戦では7回からリリーフ登板したものの2本のホームランを浴び3失点を喫した苦い経験もあるが、2009年の日米野球では抑えとして3試合に登板して抑えるなど、代表では抑えとして150kmを超えるストレートに鋭いスライダー、フォークで三振を奪う事が役割となる。

 最終学年となり、投球の幅も広がった。守護神としての活躍に期待!

  •  - 

  • PAGE TOP