今年チェックしたいドラフト候補(その6)

岡本真幸, 黒田達也, 平川裕太, 中田朋輝, 鈴木彩隼

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにお寄せいただいているドラフト候補選手に、凄そうな選手がたくさん紹介されています。今年、一度はチェックしたい選手をピックアップします。今日は6回目。 その1その2その3その4その5

立命館大・岡本真幸投手

岡本真幸投手は和歌山の海南高校から立命館大に進み、現在は最速146キロを投げる。181cmの右腕で、昨年春は東克樹投手や今年3年生になる152キロ右腕の福島滉貴投手などと、立命館大の10枚看板の一人と報道された。エース・東投手が抜け、エースをねらう事ができる投手の一人である。

立命館大・黒田達也投手

黒田達也投手は185cmの右腕で神戸国際大付時代から145キロの速球ときれいなフォームに注目された。高校時代は故障が多かったが、大学では2年生の春と秋に3勝ずつを記録した。それでも昨年は春秋でそれぞれ1試合ずつの登板しかできず、また苦しんでいる。立命館大10枚看板と呼ばれた一人として、復活を期待したい。

広島大・中田朋輝投手

中田朋輝投手は国立の星、183cm80kgの身体があり、最速は148キロを記録する。昨年春はベストナイン、最優秀防御率を獲得し実績も積んでいる。ストレートの威力とチェンジアップのキレに注目をしたい。

国際武道大・平川裕太投手

平川裕太投手は171cmと身長は高くない。しかし大学4年時には151キロを記録し、千葉の則本と称される。威力ある球は大学野球選手権などでも実証済みで、今年は成績が求められる。変化球に磨きをかけて、ドラフト候補として名乗りを上げたい。

静岡産業大・鈴木彩隼投手

鈴木彩隼投手は中日・鈴木翔太投手の弟。浜北西高校から静岡産業大と、なかなかプロのスカウトには目につきにくいチームでプレーするが、180cmの右腕で抜群の制球力を持ち、大学2年時には98球で完全試合を達成している。スライダー、カットボールなどを織り交ぜるが、球速も146キロを記録してきており、兄に負けない所までくるかもしれない。

みなさまのおすすめ選手を教えてください。ドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP