東海大、プロ注目バッテリーが初勝利で始動

東海大, 原田泰成, 海野隆司

東海大は原田泰成投手、海野隆司捕手のバッテリーで開幕戦を勝利で飾った。

プロ注目バッテリーがドラフトイヤーへ

東海大の原田泰成投手は150キロの速球を投げ、昨年は日体大の松本航投手と互角の投球を見せるなど、プロからも大学生投手トップクラスの選手と評価されている。また海野隆司捕手は強肩がソフトバンクの甲斐選手に匹敵し、大学NO.1捕手と評価されている。

この日の首都大学リーグ開幕戦では武蔵大と対戦し、バッテリーの好プレーが目立った。原田投手は本調子ではなかったものの、149キロを記録したストレートを押し込んでピンチを抑えていった。7回2/3を投げて7安打を許したものの、疲れの見えた8回に与えた押し出しの1失点に抑えた。

また海野選手は7回、1アウト1,3塁のピンチで鋭いけん制をサードに送りランナーを刺した。「走者が出たら刺すイメージは出来てるんで」と話し、原田投手は「さすがだなとおもいました」と話した。

また海野選手は4番に入ったが、1回に先制のタイムリー2ベースヒットを記録するなど打撃でも活躍を見せた。

原田投手はこれでリーグ戦10勝目、今年は春秋合わせて10勝を目指し、昨年の日体大・松本航投手のようにドラフト1位でのプロ入りを目指す。

2019年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
2019年度-首都大学リーグのドラフト候補リスト
東海大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

原田は、ピンチでマウンドに来てくれた相棒に励まされた。4-0の7回1死二塁で左前打を許し、一、三塁を招いた。ここでタイムを取った海野から「完封するぞ」とハッパを掛けられた。その後だ。左打ちの武蔵大・石川に対し、カウント1-1からの3球目は外角に外れるボール球。捕球した海野が流れるように三塁へ送球し、飛び出していた走者を刺した。二塁送球最速1秒78を誇る“東海キャノン”は「走者が出たら刺すイメージは出来てるんで」と事もなげに言った。原田は「さすがだな、と思いました」と感謝した。


PAGE TOP