明大・森下暢仁投手が修正、149キロ速球で1失点完投にロッテ、巨人、DeNAなど「1位候補」

明治大, 森下暢仁

今季開幕となる立教大との初戦で6回10安打4失点で降板をした明治大の森下暢仁投手が、1勝1敗で迎えた同カードの3戦目に再び先発し、9回4安打10奪三振1失点で完投、明治大に勝ち点を持ってきた。

相手を見下ろす

森下暢仁投手が初戦に4失点して降板した後、善波監督は「映像を見ながら本人と話す」としていたが、「見下ろすぐらいで投球しろと声を掛けた。」と話した。また主将でもある森下投手は「皆に3回戦をやらせてくれと声をかけた。だから、きょうは絶対に負けられないと思った。」と話した。

そうして臨んだ立教大との3回戦、「使っていない変化球で緩急をつけた」と話すように緩急をうまく使う投球を見せ、大きく縦に曲がるカーブを駆使した。また得意のスライダー、スプリットが低めに集まった。またストレートはまだ、意図せずの高い球も多かったが球場表示で149キロを記録、スカウトのスピードガンでは152キロを記録した。9回を投げて4安打10奪三振1失点完投、チームのエース、主将としての姿を見せた。

その姿は視察した9球団のスカウトにも高い評価をもたらした。千葉ロッテの下敷領スカウトは「体が開かないように修正し、低めに集めてもいた。1位候補の一人」と話すと、八馬幹典スカウトは「大学ではNO.1、1位候補です」と話し、巨人の長谷川スカウト部長も「バランスがいい。リリースがしっかりしていて崩れそうにない。1位だろうね」と、3球団のスカウトともドラフト1位の評価を下した。

大学NO.1投手と評価が高かった森下投手、秋のドラフト会議では1位指名で間違いない。この日の勝利でリーグ戦は10勝となったが、「まだ10勝と言われないように、次は1戦目から勝ちたい」と話した。

2019年度-大学生投手のドラフト候補リスト
2019年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

「真っすぐだけでなく、カーブ、チェンジアップと緩急を使えた」。球場表示は最速149キロだったが、スカウト陣のスピードガンでは自己最速にあと2キロに迫る152キロを計測。DeNAの八馬幹典スカウトは「大学ではNo・1。1位候補です」と断言した。

9球団のスカウトが視察。自身が持つスピードガンで151キロを計測した右腕に、ロッテ・下敷領スカウトは「体が開かないように修正し、低めに集めてもいた。1位候補の一人」と評価した。


PAGE TOP