大学野球、秋季リーグ戦の注目選手その3:各リーグの注目選手たち

伊藤健太, 浦本千広, 福森耀真, 八木玲於, 菅田大介, 杉尾剛史, 福森建, 北南達矢, 小川一平, 池尻森, 宮田輝星, 松田亘哲

今日から本格的に開幕をする大学野球秋季リーグ戦、各リーグの注目選手を紹介します。
首都、関西学生、関西六
北海道・東北・関東

東海地区大学リーグ

中部学院大の伊藤健太投手は184cmの右腕投手で最速150キロを記録する。太い下半身で上体に力みが無く、小さなテイクバックでも力のある球を投げられる。全国の舞台で投げればもっと注目されていたかもしれない。

愛知大学リーグ

名古屋大の松田亘哲投手は左から146キロの速球を投げ、プロも注目する。高校までバレーボール部でプレーしており、硬式野球は大学からスタート。しかし、「今は野球の面白さにはまっている。野球しかない」と独自に技術を追求して注目選手となった。ドラフト会議でも指名の可能性がある。

北陸大学リーグ

金沢大の北南達矢投手は183cm85kgの左腕で最速は153キロを記録する。リーグでチームは2部でプレーするが、そこにもスカウトが足を運ぶ。昨年の金沢星稜大の泉圭輔投手のように指名され、1年目から期待の活躍を見せることができるか。

近畿学生リーグ

奈良学園大の菅田大介選手は、187cmの左投手と外野手の二刀流という事で昨年からプロのスカウトも注目していた。ただし、やはり大型左腕として期待していた面が強く、昨秋、今春は投手としては結果を見せられず、ややトーンダウンしている印象がある。プロに行くならば左腕投手として成長した姿を見せたい。

京滋大学リーグ

大学野球選手権では佛教大が準優勝をした。184cmから148キロの速球を投げる中山怜央投手が3試合に先発したが、どの試合もまずまずという所で、フォームや球の質は良いものもあるが、もう一歩何かが欲しいという内容だった。ただし、春は故障で出遅れていた188cm89kgから149キロの速球を投げる福森建投手が選手権の決勝で登板し、5回2/3で自責点3という内容だったが強い球を投げていた。全国を経験して、秋の中山投手、福森投手に期待をしたい。

阪神大学リーグ

天理大の八木玲於投手は最速152キロの速球を投げる。春は巨人・阪神など7球団のスカウトが視察するなど注目されている。夏のオープン戦でも明治大のバッターを相手にしないような投球も見せており、真っすぐは常に140キロ後半を記録、変化球も左右に抜けの良い球を投げ、かなりの高い評価を受けてのドラフト会議を迎える事になりそうだ。

広島六大学リーグ

春の覇者、近大工学部のエース・松浦有希投手は、選手権では東農大北海道に4回途中まで9安打を許し、自責点1の粘りを見せるも、ピリッとしない投球だった。

中国地区大学リーグ

昨年秋の明治神宮大会準優勝チームで、今年の選手権にも出場した環太平洋大、エースの西山雅貴投手は宮崎産業経営大に4回途中まで自責点5で降板した。1番を打つ押部智樹選手は2安打を放ったものの、プロというにはやや難しいかもしれない。昨年秋にサードでものすごい強肩を見せていた2年生の仲村来唯也選手は今後も注目したい選手。打撃の成長を期待したい。

四国地区大学リーグ

春に快進撃を見せて優勝した高知工科大、エースの尾崎修志投手は選手権でも大体大を相手に9回まで2失点、タイブレークで敗れたが粘りの投球を見せた。他に愛媛大の勝田悠斗投手は左から147キロの速球を投げる。

九州六大学リーグ

福岡大は春は1年生・村上幸人投手の活躍が目立ったが、4年生の中西勝紀投手もリリーフでまずまずの投球を見せた。1番を打つ宮田輝星選手は選手権の城西国際大戦で5打数4安打を記録、50m5秒台の足と投げても147キロを記録する肩があり、身体能力の高いセンターとして期待される。

他にも西南学院大の笹川聖文投手は184cmから145キロの速球を投げ、九州大の池尻森選手は春に3本塁打を放ち、ホームラン王となっている。

福岡六大学リーグ

九州産業大の福森耀真投手は最速154キロ右腕、選手権では先発するも1回、2回にそれぞれ1失点し4回で降板となった。この秋に向けてオープン戦でも150キロを記録し、プロ一本に進路を絞って戦いに臨む。また本来はエースとして期待されていた浦本千広投手は、ストレートのキレがあり、多彩な変化球でどれでも空振りが奪える投手で注目されていた。春のリーグ戦でも3試合で2勝0敗を記録してり、選手権での登板が期待されたが投げずに終わった。この秋の登板が注目される。

九州地区大学リーグ

宮崎産業経営大の杉尾剛史投手は、縦・横の変化球を精度よく決められ、球速は140キロ前後だがプロのスカウトが高く評価をしている。抜群の安定感でチームを2年連続の大学野球選手権出場に導くなど実績も十分。

東海大九州キャンパスの小川一平投手は181cmから149キロの速球を投げる右腕だが、なかなか見る機会が得られない投手。しかし見た人の評価は高く、何とかリーグ戦で結果を出して、見る機会が増えればと思う。

首都、関西学生、関西六
北海道・東北・関東


PAGE TOP