侍ジャパンU18代表、南アフリカ戦は石川投手先発か

高校野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース 侍ジャパン

初戦のスペイン戦に勝利した侍ジャパンU18代表、今日の南アフリカ戦は、石川昂弥投手の先発が予想される。

池田投手は中1日必要

スペイン戦はコールドにすることはできず、先発の池田陽佑投手が5回4安打6奪三振2失点で62球を投げたため、ルールにより中1日が必要となる。リリーフした前佑囲斗投手と飯塚脩人投手は50球未満のため、今日も連投できる。

この日登板しなかったには、調整をしている奥川恭伸投手と佐々木朗希投手以外では、浅田将汰投手、宮城大弥投手、西純矢投手、林優樹投手がいるが、宮城投手と西投手が1日、2日のアメリカ戦、台湾戦の先発候補と考えられている。

また昨日の試合では、打撃でもスタメン出場が期待されている浅田選手が出場しなかった事もあり、浅田投手の登板も期待されるが、石川昂弥選手、遠藤成選手もおり、今日の南アフリカ戦は石川投手の先発が予想されている。

打撃では、今日の南アフリカ戦は、昨日にヒットの出なかった選手もヒットを打って、自身を持ってアメリカ戦に臨んでほしい。

他の試合では台湾がパナマに4-1、アメリカは南アフリカに7回コールド11-0、韓国はオランダに5-4で勝利した。カナダは17-3で中国に勝利したが、オーストラリアはニカラグアに2-3で敗れた。

日付勝敗内容先発・先発予想(球数)
  30日〇4-2グループリーグ 対スペイン池田(62)、(29)、飯塚(10)
  31日 グループリーグ 対南アフリカ石川昂弥
9月 1日 グループリーグ 対アメリカ宮城大弥
   2日 グループリーグ 対台湾西純矢
   3日 グループリーグ 対パナマ池田陽佑
   4日 空き 
   5日 スーパーラウンド奥川恭伸(104球以内)
   6日 スーパーラウンド宮城大弥(104球以内)
   7日 スーパーラウンド西純矢
   8日 決勝・3位決定戦奥川恭伸
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント