大学野球、秋季リーグ戦の注目選手その1:首都、関西学生、関西六

谷川刀麻, 吉田大喜, 原田泰成, 橋本侑樹, 杉崎成輝, 平井練, 篠原涼, 海野隆司, 福島滉貴, 大西広樹, 坂本裕哉, 竹村陸, 北山比呂, 村西良太, 中川智裕, 小野寺暖, 坂田颯, 広畑敦也

既に秋季リーグ戦が開幕している所もあるが、今週末に首都大学リーグ、関西学生リーグ、関西六大学リーグの秋季リーグ戦が開幕する。まずはこの3リーグの主なこの秋のドラフト注目選手を紹介します。

首都大学リーグ

注目されるのが首都大学リーグ。リーグからは侍ジャパン大学代表に東海大の海野隆司選手と山崎伊織投手、日体大の吉田大喜投手、筑波大の篠原涼選手、佐藤隼輔投手の5人が参加、東京六・東都の7人に次いで多く参加をした。

その中で4年生の海野選手は代表でも見せた強肩が光り、大学NO.1捕手と注目される。また、日体大の吉田投手は日米大学野球で5試合すべてに登板し自責点0の圧倒的な投球を見せ、ドラフト候補としても上位クラスに挙がってきたとみられる。篠原選手は守備、打撃で特筆すべき所はないものの、壮行試合でも日米大学野球でも見せた勝負強さとキャプテンシーに、注目をしている球団もある。

また、代表候補に選ばれたもののケガのため参加しなかった東海大の杉崎成輝選手も選手権では身体能力の高さでショートで良い動きを見せた。打撃と足でアピールができればと思う。東海大では150キロ右腕の原田泰成投手も注目されるが、春の状態が良くなかったため、すでに進路は決めているかもしれない。

日体大では154キロの速球を投げる北山比呂投手も、吉田投手に追いつくくらいの投球を見せたい。球速はあるだけに秋で大きく評価が上がってくるかもしれない。他にも帝京大の150キロ右腕・広畑敦也投手、東海大の平井練選手など注目選手は多い。

関西学生リーグ

立命館大の坂本裕哉投手が春に148キロを記録し、左腕投手として評価を上げた。変化球や制球力は評価が定まっており、秋も球威が評価の分かれ目となりそうだ。近畿大の村西良太投手は152キロを投げる変則リリーバーで、プロでもリリーフとしての登板が期待される。昨年秋のような無双の投球を見せたい。

近畿大では代表入りした竹村陸選手が、コツコツとチームに貢献できるプレーを見せたが、外野手で注目されるのは谷川刀麻選手、打球の鋭さがあり高い球も低い球も同じように振りぬける。投げても148キロの肩に瞬足もあり、身体能力の高さも評価のポイントとなっている。そして186cmの大型遊撃手・中川智裕選手もその動向が注目される。

そして最後に、立命館大の福島滉貴投手をあげたい。大学2年で最速156キロを記録し大学では最速投手、しかしその後に故障により今年はまだ登板が無い。できればこの秋に復活した姿を見てみたいが。

関西六大学リーグ

大商大の2枚看板、右の大西広樹投手と左の橋本侑樹投手は、すでに昨年の時点で今年のドラフト候補として名前が挙がっており、今年もずっと注目されている。二人とも投球成績は素晴らしく、春は選手権にも出場し好投を見せた。しかし共に148キロを記録するが、全体的な球威はまだ物足りない印象もある。変化球も素晴らしいし、制球もある程度のものはある。この秋は真っすぐでやや突き抜けた投球を見たいという感じがする。

また大商大では小野寺暖選手が180cm81kgの右の選手で、長打も打てるし足も肩も高い水準にある選手。選手権でもその能力の一端をうかがわせたが、どれかで飛びぬけたものを見たい感じ。春はスカウトも追い続けていた。

隠し玉では大阪学院大の坂田颯投手がいる。182cmの右の投手で最速151キロの速球を投げる。高校時は120キロ台で大学に入って急速に球速を伸ばしている。

侍ジャパン大学日本代表メンバー(2019)
大学生ドラフト番付(2019)~大学選手権場所~

2019年度-首都大学リーグのドラフト候補リスト
2019年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
2019年度-関西六大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP