154キロ右腕、創価大・杉山晃基投手に12球団から調査書

創価大, 杉山晃基

154キロ右腕の創価大・杉山晃基投手に12球団から調査書が届いている。

夏のオープン戦で154キロ

創価大の杉山晃基投手は180cmの右腕で、この夏の法政大とのオープン戦で154キロを記録している。制球に課題を見せるが、ストレートの威力は大学トップクラスで、大学最後となったこの秋のリーグ戦では、最初の杏林大斗のカードではリリーフで2試合に登板し真っすぐで押す投球を見せると、共栄大とのカードでは1戦目と3戦目に先発し共に完投勝利を挙げた。

その後、東京国際大戦では5回に3失点をしたが、学芸大戦では完封勝利を挙げている。先発をするとペース配分を考えたり、制球を気にして球が弱くなり、打たれるのを気にして制球を乱すという悪循環になるが、真っすぐに自信がある時はプロのバッターでも打てない威力ある球を投げる。

現在は3球に1球ほどのいい球の、その割合を増やしていくことができればプロでも真っすぐで圧倒することができる力がある。そして変化球も良いものを持っている。

その杉山投手には12球団から調査書が届いており、これまでに北海道日本ハムの栗山監督や、巨人の長谷川スカウト部長などが高く評価をしている。ドラフト会議では2位、3位での指名で複数球団が他球団の動向を見ながら様子を見ているという所だろう。

2019年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト


PAGE TOP