埼玉では花咲徳栄・韮澤選手、昌平・米山投手の指名に注目、花咲徳栄から5年連続指名なるか

韮澤雄也, 米山魁乙

埼玉県からは5人の高校生投手がプロ志望届を提出されているが、その中で花咲徳栄の韮澤雄也選手、昌平の米山魁乙投手の指名が注目される。

投打のナンバーワン

韮澤雄也選手は新潟から花咲徳栄にやってくると、1年から守備のうまさで評価を得て、その年の夏の甲子園ではベンチ入りをし、試合には出場しなかったものの夏の甲子園優勝を経験した。その秋からショートのレギュラーとなると、100回大会となった2018年の夏の甲子園にも出場し、3番ショートで守備で好プレーを見せ、打撃でも初戦の鳴門戦で2打数1安打2四球、2回戦の横浜戦でも3打数1安打2四球、及川雅貴投手からヒットを打った。

そして今年も埼玉大会を制し3大会連続で夏の甲子園に出場、3番ショートで出場し、初戦で明石商に敗れたものの3打数1安打1四球、中森俊介投手からヒットを打っている。高校トップクラスの投手からもしっかりとヒットを打ち、ショートでの柔軟な守備が評価されU18代表入りすると、3番バッターとして10本のヒットを打ち、ファーストでのベストナインに選ばれた。

決して派手さはないが、打撃・守備共に柔軟さが評価されており、ドラフト会議での指名が注目される。

また、昌平の米山魁乙投手は144キロの速球を投げる左腕投手、球の強さがあり、出所の見えにくいフォームからの変化球とのコンビネーションが良い投手で、埼玉県NO.1の呼び声が高い。今夏は複数球団が視察に訪れており、こちらも指名が注目される。

他にも山村学園の橋本大樹捕手は、セカンドまで1.9秒台の送球と、和田朋也投手とのバッテリーで実績を作り評価されている。

昨年は埼玉県からは花咲徳栄の野村佑希選手が北海道日本ハムのドラフト2位で、浦和学院の渡邉勇太朗投手が埼玉西武のドラフト2位で指名された。そして花咲徳栄からは、2015年は西武にドラフト4位で大瀧愛斗選手、2016年は高橋昂也投手が広島の2位、岡崎大輔選手がオリックスの3位で指名され、2017年には西川愛也選手が西武の2位、清水達也投手が中日の4位で、そして2018年には野村佑希選手が北海道日本ハムの2位で指名され、4年連続でドラフト会議での指名が続いている。

来年には井上朋也選手もドラフト上位候補として注目されており、まずは今年のドラフト会議で韮澤選手が指名され、5年連続での指名となるか注目される。

2019年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

韮沢は中学まで新潟県内のシニアに所属。花咲徳栄では1年から頭角を現し、埼玉勢初の全国制覇を果たした平成29年夏の第99回大会でベンチ入りした。強力打線の中核打者として、高校生活最後の第101回大会では明石商(兵庫)との初戦で敗退したが、プロ注目の右腕、中森俊介投手(2年)から安打を放つなど天性の打撃センスを発揮した。


PAGE TOP