ソフトバンクドラフト2位、東海大・海野隆司選手がキャノンでピンチ摘み取る

東海大, 海野隆司, 山崎伊織

関東地区大学野球選手権では東海大が上武大に勝利し明治神宮大会出場を決めた。福岡ソフトバンクドラフト2位の海野隆司捕手が5回にけん制でランナーを刺し、ピンチを摘み取った。

海キャノン

東海大はこの日、来年のドラフト1位候補・山崎伊織投手が本調子ではなく、5回2安打で無失点だったものの、ピンチを背負う場面があった。5回もノーアウト1,2塁のピンチを背負ったが、ここで海野隆司選手がセカンドランナーのリードを見てセカンドまで1.7秒の肩を見せてアウトにした。この肩で相手のモチベーションを下げ、無失点に抑えた。東海大は山崎投手が5回で降板すると継投に入ったが、海野選手が巧みにリードし、6-2で勝利した。

海野選手は「常に投げる意識を持って、狙ってます。アウトになれば相手に守備でプレッシャーも掛けられます。上武大とはこれまで何度も試合をして、ずっと接戦だった。先制点をとるまで、何とか守備で流れをつかもうと思っていました」と話し、肩で相手の流れを止めた事について話した。

この日はドラフト2位で指名した福岡ソフトバンクの荒金スカウトが視察をし、海野選手のプレーについて、あれが一番の持ち味。90度以上の視野を持ち、狙っていないとさせない」とあらためて評価をした。

これで明治神宮大会出場を決めた。「新チームからずっと日本一を目指してきたけど春はベスト4止まり。野球人生で一度も日本一になったことがないんです」と話し、大学野球選手権ではベスト4どまりだったチームを、最後に優勝に導くことを誓った。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧
東海大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

二塁送球完了1・7秒台の“海野キャノン”が炸裂した。0―0の5回無死一、二塁。次打者のバントに備えリードする二塁走者のスキを見逃さない。2球目に矢のようなけん制でタッチアウト。「常に投げる意識を持って、狙ってます。アウトになれば相手に守備でプレッシャーも掛けられます」。ピンチを脱すると、7回に3点を先制し、そのまま逃げ切った。

ソフトバンクからドラフト2位指名。憧れであり、目標の甲斐とチームメートになる海野は強肩でピンチを脱し、チームを明治神宮大会出場に導いた。スタンドで見守った担当の荒金久雄スカウトも「あれが一番の持ち味。90度以上の視野を持ち、狙っていないと刺せない」と話した。

「上武大とはこれまで何度も試合をして、ずっと接戦だった。先制点をとるまで、何とか守備で流れをつかもうと思っていました」という意識通りのビッグプレーで、流れを呼び込んだ。

 


PAGE TOP