打球速度計測は大商大・渡部聖弥選手が170キロ超えでトップ

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 侍ジャパン

侍ジャパン大学代表選考合宿のフリー打撃では、大阪商業大の渡部聖弥選手が打球速度170キロを記録しトップとなった。

スポンサーリンク

柵越2本

この日の打撃練習では、トスバッティングやティーバッティング、そしてフリー打撃での打球速度が計測され、渡部聖弥選手がフリー打撃で170キロを叩き出しトップとなった。

フリー打撃では持ち前のパワーを見せて柵越2本、フェンス直撃の当たりも見せていたが、打球速度トップに「素直にうれしいですね」と話した。

他にも打球速度では、西川史礁選手、パワフルな打撃の金沢学院大・井上幹太選手、前日の紅白戦でも素晴らしい打撃を見せた立石正広選手などが上位に入り、堀井監督も「昨日紅白戦で強いスイングしているなという選手はやっぱり速かったですね。」と話した。

堀井監督は続けて、「国際試合はやはり強いスイングがバッターに関しては必要。1つの参考になると思います」と打球速度も選考のポイントとした。

この他にフリー打撃の柵越では、

明治大・小島大河選手:1本
創価大・立石正広選手:2本
天理大・石飛智洋選手:1本
国学院大・柳舘憲吾選手:2本
法政大・中津大和選手:2本
佛教大・岡野翔海選手:2本
青学大・西川史礁選手:1本
金沢学院大・井上幹太選手:1本
早稲田大・吉納翼選手:1本

を記録していた。柵越だけがすべての評価にはならないが、それを打てるということはアピールになる。

【2024】侍ジャパン大学代表候補強化合宿メンバー
6月24日にプラハベースボールウイークとハーレムベースボールウイークに参加する侍ジャパン大学代表が発表されました。
大商大・渡部 打球速度170キロ超で1位に「素直にうれしいですね」大学侍選考合宿 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 7月にチェコで開催される「プラハ・ベースボールウイーク」などを戦う侍ジャパン大学代表候補選考合宿は23日、神奈川県平塚市内で2日目が行われた。
侍大学代表選考合宿、ドラフト候補の大商大・渡部聖弥が打球速度約170キロ 24日24人決定 - アマ野球 : 日刊スポーツ
「侍ジャパン大学代表選手選考合宿」の2日目が23日、神奈川・平塚市内で行われ、参加選手45人のスイング&打球速度が測定された。前日22日の初日は紅白戦3試合を… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント