ドラフト制度

ドラフト制度

NPBがドラフト制度を変更、ウェーバー順はセリーグとパリーグが1年毎に交互に

NPBはドラフト会議のウェーバー順について、今年からセリーグ・パリーグが交互に優先権を得るように変更することが分かった。
ドラフト制度

福岡ソフトバンクがアメリカのドラフト1位指名選手と契約交渉、紳士協定の行方は?

福岡ソフトバンクが、昨年のMLBドラフトで全体の8番目でブレーブスから1位指名を受けたカーター・スチュワート投手と契約の交渉をしており、合意したという報道もある。日米のアマチュア選手に対する紳士協定に波紋を呼びそうだ。
ドラフト制度

12球団のFA移籍の状況、西武が最も流出するチーム

FAの移籍の話題が連日、新聞の紙面を賑わせている。1993年からスタートしたこのFA移籍では、埼玉西武が選手の流出がNO.1となっている。
ドラフト制度

プロ野球、現役ドラフトについても検討

NPBは13日に、中長期的ビジョンを作成する方針を決め、その中に、若手選手で出場機会の少ない選手を対象として、現役ドラフトの導入についても検討することが明らかになった。
ドラフト制度

マーリンズ・田澤純一投手が40人枠外れる、日本プロ入りに田澤ルールの影響は?

新日本石油ENEOSから直接メジャーリーグへボストンレッドソックスに入団し、リリーフとして好成績を残した田澤純一投手、昨年からはマーリンズへ移籍をしたが今年は故障などもあり結果を出せず、40人枠から外れるDFAとなった。日本球界への道はある...
ドラフト制度

大リーグ、ドラフト会議で抽選の導入を検討も

メジャーリーグでは完全ウェーバー方式によるドラフト会議が実施されているが、プロバスケットボールのNBAで導入された抽選制度(ロッタリー)について、選手会専務理事が「有益となる得るもの」話した。
ドラフト制度

ドラフト会議のウェーバー優先権が決定、交流戦の結果で

 ドラフト会議のウェーバーの指名優先権が、交流戦の結果で決定することが承認された。
ドラフト制度

ドラフト優先権は交流戦で勝ち越したリーグに!

 プロ野球の実行委員会が開かれ、今年のドラフトのリーグ優先権を、交流戦で勝ち越したリーグに与える事が決定した。
ドラフト制度

プロ野球若手選手、73.9%が引退後に不安感じる

 昨年にフェニックスリーグに出場した12球団の若手プロ野球選手239人へのアンケートで、73.9%の選手が引退後の生活に不安を感じている事が分かった。昨年より2.4%増えている。また、引退後に希望する職業としては、高校野球の指導者が昨年の1...
広島カープ球団ニュース

広島、FA・大竹寛投手の人的補償に一岡竜司投手を指名、2011年ドラフト3位

 広島はFAで巨人に移籍した大竹寛投手の人的補償として、2011年にドラフト3位で巨人入りした一岡竜司投手を獲得した。150km/hの速球で頭角を表し始めたリリーフ投手を指名した。