横浜高校、及川雅貴投手が149キロ、1年生左腕・松本隆之介投手は145キロデビュー

横浜高, 及川雅貴, 松本隆之介

春季高校野球神奈川大会では、横浜高校の2年生左腕・及川雅貴投手が初登板し、また1年生の187cmの大型左腕・松本隆之介投手も高校野球デビューとなる登板を果たし、スタンドをざわつかす圧巻投球を見せた。

及川投手は149キロ

この日は、3年生左腕の板川圭矢投手が先発し、横浜創学館を4回まで無失点に抑える。味方も9点差をつけると、5回からは2年生ですでにプロが注目している及川雅貴投手が登板した。

今年の公式戦で初登板となった及川雅貴投手は、いきなり147キロを記録しスタンドをざわつかすと、その後も140キロ中盤を連発し、ストレートで空振り三振を奪う。そして次の打者に投げた球は149キロを記録し、セカンドゴロに打ち取った。その後も140キロ後半の速球とキレの良い変化球で、2回1/3を投げてノーヒット4奪三振でパーフェクトに抑えた。

視察をしていた福岡ソフトバンクの荒金スカウトも「体も大きくなったし、来年の有望株」と注目をしていた。

及川投手は中学時代から世代NO.1左腕投手と注目され、横浜高校でも1年生の夏に甲子園に登板し絶賛された。しかし昨年秋の神奈川大会では、準々決勝の鎌倉学園戦に先発するも、初回に満塁ホームランを浴びるなど2回2/3で6失点し、高校野球の怖さと悔しさを味わった。

「冬は人一倍、頑張らないといけないと思った」と話した及川投手、その答えがこの日の149キロだった。来年のドラフト1位指名の可能性はかなり高いとみられる。

1年生186cm左腕もデビュー

また、横浜高校は1年生の松本隆之介投手が7回1アウトから登板した。松本投手は186cmの大型左腕投手で、戸塚シニア時代から注目されていた。この日はマウンドに上がると、「生まれてから今日が一番緊張した」と話すように、いきなり死球を与えるなど3四死球、しかし、145キロを記録したストレートにスタンドもファンも驚嘆した。

2アウト満塁となったものの、最後は136キロの変化球で見逃し三振を奪い、2/3回を投げて0安打1奪三振3四死球で無失点に抑えた。

及川投手に続いて、次世代にも注目の左腕が登場した横浜高校、今年夏は神奈川より2校が甲子園に出場することができるが、3年生・2年生・1年生の左腕がチームを引っ張る。

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生のドラフト候補リスト
2020年度-高校生のドラフト候補リスト


PAGE TOP