山梨学院高・34本塁打の野村健太選手に注目

山梨学院高, 野村健太

センバツに出場するチームの中で、スラッガーとして期待されるのが山梨学院の野村健太選手、昨年夏の甲子園のホームランに続き2大会連続ホームランを目指す。

8試合で4本塁打

野村健太選手は180cm90kgの右の大砲で、高校通算34本塁打を放つ。昨年秋は公式戦8試合で4本塁打を放ち、本物の力を見せた。それでも、「ミスショットがあった」と納得はしておらず、さらに高い確率でホームランを打つことを目指している。

その野村選手は昨年夏の甲子園で、1回戦の高知商戦で一時は同点に追いつくホームランを放った。そのホームランについて、「少し緊張して打ち急いだ。」と話し、センバツでは「2度目の甲子園なので、少しは余裕を持っていけるんじゃないか」と、2大会連続ホームランを目指す。

それでも長打だけでなく、「チームの勝利に貢献する打撃をしたい」と話した。素直な打撃フォームで、荒々しいスラッガーという感じではない。センバツに向け練習のペースも上がっており、今後、紅白戦などで感覚をもどして3月のセンバツに向かう。

甲子園で怪物の誕生となるかもしれない。

2019年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
山梨学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

新チームでは主砲として、昨秋の公式戦8試合でチーム最多4本塁打。それでも「ミスショットがあった」と課題を挙げ、現在は投手を見ながらタイミングを取る練習に余念がない。


PAGE TOP