大船渡・佐々木朗希選手の4月21日練習試合へのスカウトの評価(9球団)

佐々木朗希, 大船渡高

仙台育英との練習試合で4番投手で出場し、1本塁打と150キロを記録、5回3安打5奪三振4四球2失点という結果だった大船渡・佐々木朗希選手に、国内10球団、アメリカ10球団のスカウトが集結した。そのスカウトの評価をまとめます。

スカウト評価

セリーグ

◎巨人・柏田東日本統括スカウト:「テーマがあったんでしょう。球をコントロールしたい意識が表れていた。チェンジアップの抜け方も良い。全てに光るものがある。人も集まって、ピンチで真っすぐいきたいところでもテーマ通り変化球。強い意図を感じるし、テーマを持って投げている。夏には、こういう対応をしないといけないと分かっているのでしょう」

◎広島・苑田スカウト統括部長:「課題を持ってやっている。」

◎横浜DeNA・欠端スカウトグループリーダー:「夏を考えて、真っすぐを生かすための変化球を試しているのだろう」

◎東京ヤクルト・斉藤スカウト:「頭のいい選手。夏の盛岡大付や花巻東を想定していたんじゃないですか。いろいろな反応を見たかったんでしょう」

◎阪神・葛西スカウト:「腕の使い方が素晴らしい。腕の軌道がぶれない。背が高い投手は腕がしなって押し出すような投げ方が多いけど、上から叩いてコントロールできる。だから高めに抜ける球が少ない。変化球中心でと思っていても打たれたくないから、自信のある真っすぐを投げたくなるもの。それをまだ17歳の高校生がやってのけるんだから。ツーシームも投げていたんじゃないか。」
 打撃について「160キロを投げる筋力があればあれだけ飛ぶよね」

◎中日・八木スカウト:「器用。全部緩めてましたけど、体の入れ替えもうまいし、柔らかさやタイミングの良さは抜群のものがある。カーブとチェンジアップで空間を使おうという意図が見えた。ケガさえしなければ良い能力なので、今回はこういう投球も見られてよかった。何か取り組んでいるのも見れたし、次が楽しみ」

パリーグ

◎福岡ソフトバンク・作山アマスカウトチーフ補佐:「変化球の制球も定まっていてポテンシャルの高さを感じた。今までに出会ったことのないスケール感。」

◎オリックス・長村球団本部長:「初めて見ました。課題を持って放っていた感じ。余力を持って。上背もあって柔らかさがある。スケールの大きい、非常に楽しみな投手」

MLB

◎フィリーズ・大慈彌環太平洋担当部長:「変化球が多かったのは彼なりに考えがあるんでしょう。150キロは投げていたし球質が素晴らしい。けん制も速いし、投手としての資質を全て持ち合わせている」

佐々木朗希(大船渡高校) | ドラフト候補の動画とみんなの評価
163キロ記録、佐々木朗希投手へのスカウトの声 4月6日
大船渡・佐々木朗希投手へのスカウトのコメント(10球団)3月31日

▼オリックス長村裕之球団本部長 課題を持って投げていた。余力を持って。上背もリーチもあって、スケールの大きさを感じた。将来楽しみな選手。

フィリーズ・大慈彌環太平洋担当部長「クイック、牽制(けんせい)、フィールディングという勝てる投手に必要な部分を見せた」

 

阪神の葛西稔スカウトも「160キロを投げる筋力があればあれだけ飛ぶよね」と納得の表情を見せた。


PAGE TOP