大船渡・佐々木朗希投手へのスカウトのコメント(10球団)

練習試合で今年初登板し、156キロを記録した大船渡・佐々木朗希投手の、スポーツ紙各紙に掲載されたスカウトのコメントをまとめます。

スカウトの評価

セリーグ

◎東京ヤクルト・伊東編成部長:「初めて見たが、フォームも理想的で完成度が高いというのが第一印象。あれこれ言うことなく、ただただほしいというレベルのピッチャー」

◎東京ヤクルト・橿淵スカウトグループデスク:「潜在能力や才能に素晴らしさを感じる。投げる、走る、打つ。球速以外の才能もある。能力があとどれだけ眠っているのか。次元が違う。揺るぎない」

◎巨人・長谷川スカウト部長:「衝撃を受けた。18・44メートルではなく、14メートルの距離で投げている感じがする。走り方を見たら、プロのトレーニングにも十分対応できると思う。もっと大きくなる。ストレートのキレは、今プロに入っても3本の指に入る。びっくりした」

◎中日・八木スカウト:「抜群にいい。ゲームの中でいろいろ試しながら、組み立てられている。現時点でも2軍でなら全く遜色ないし、1軍で投げられるレベルにもあると思う。キャッチボールで遊びで投げているカーブを試合で投げられれば、もっと幅が広がって、楽な投球ができる。球質、伸びしろを含めて大学、社会人を含めてもドラフト候補でナンバーワン」

◎阪神・葛西スカウト:「内外にきっちり投げられる真っすぐはもちろん、スライダー、チェンジアップもいい。1位候補なのは間違いない。」

パリーグ

◎北海道日本ハム・大渕スカウト部長:「高校生としては、規格を超えてしまっていると思う。とにかくエンジンが大きい。誰かと比較しようにも、規格を超えてしまっているので、イメージが難しい」

◎福岡ソフトバンク・福山アマスカウトチーフ:「エンジンが違う。17歳3カ月の時点で、これくらいの球を投げた投手は過去にさかのぼってもいないのでは。大事な大会でもっとアドレナリンが出たら、どこまでの球が来るのか」

◎福岡ソフトバンク・作山アマスカウトチーフ補佐:「プロでもすぐに使えそう。高校生であれくらいなげられるのかと驚いた。雄星、大谷の高校時代に負けてない。徹底マークします」

◎東北楽天・後関スカウト部長:「何も言うことなし。とにかくいい。見た目の姿もいい。意外と器用で、思った以上に完成度がある。スカウト歴27年でも、トップ10に入る。松坂や小野仁、彼らに匹敵するくらいの衝撃度だった。大谷みたい、という表現はよく聞くけれど、それくらいのスケールはある」

◎千葉ロッテ・永野チーフスカウト:「フォームも球筋も、体のサイズもいい。普通に投げた感じでしっかりアウトコースにも自然と決まる。ギアを上げるのがうまい。現時点での課題がなかなか見えない。ドラフト1位候補なのは間違いない」

MLB

◎フィリーズ・大慈弥環太平洋担当部長:「素晴らしいの一言。大谷君と肩を並べる素材です。球速自体は佐々木君が上だし、ああいうスライダーもなかなか見られない球。あとは体力。1、2年すればすごい投手になる。打撃も捨てがたい」

2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト
2019年度-大学生のドラフト候補リスト
2019年度-社会人のドラフト候補リスト

ット裏にはNPB12球団に加え、メジャー6球団も合わせた18球団45人のスカウトが集結。甲子園未出場のため、この日が初視察のスカウトも多かったもよう。衝撃的な佐々木の投球には、普段は冷静な表情で実力を見極めるプロたちも、一様に興奮していた。


PAGE TOP