今日センバツ発表で吉報待つドラフト候補、アップテンポ左腕の石田隼都投手は「キレは良くなっている」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

今日発表されるセンバツ出場校、東海大相模の石田隼都投手は昨夏の甲子園交流戦に続き、甲子園でアップテンポ投球を見せるか。

スポンサーリンク

選ばれると信じて

石田隼都投手は1年時から注目された185cmの大型左腕投手で、昨年夏の甲子園交流戦では、大阪桐蔭を相手に非常に速いテンポで投球し、7回6安打8奪三振2失点の好投を見せた。

秋も関東の優勝候補だったが、関東大会準々決勝の東海大甲府戦では8回まで無失点に抑え1−0でリードしていたものの、9回に2点を奪われて逆転サヨナラ負け、「詰めの甘さを感じた。エースとして勝ちきれなかった」と反省した。

しかし、「負けの事実は変えられない。選ばれたらでなく、選ばれると信じて練習しました」と話し、門馬監督の「1%でも出場の可能性があるなら、消すことはない。できることがあるはずだ」という言葉を信じ、冬のトレーニングを続けている。体重が73kgと細かったが、75kgに増やして投げ込みをして「キレは良くなっている」と話す。

関東大会ベスト8、敗れた東海大甲府が準決勝で常総学院にコールド負けをしてしまった。しかし、神奈川大会で優勝をしており、地域性と準々決勝の内容が評価されれば選出となる。

アップテンポで勝てる投球をする石田投手だが、185cm左腕としては140キロ中盤くらいの球で球威でねじ伏せるような投球も見てみたい感じもする。東海大相模では好選手も柴田疾選手、世代を代表する遊撃手とみられる大塚瑠晏選手も注目される。

2021年センバツ出場予想と注目選手
秋季高校野球大会が全て終了し、明治神宮大会のない今年はこれで主な高校野球の大会が終了した。来年のセンバツ出場チームの予想をと紹介をします。
2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東海大相模・石田センバツに「選ばれると信じ練習」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)の出場32校(一般選考枠28校、21世紀枠4校)を決定する選考会が29日、リモートで開かれる。午後3… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント