今日センバツ発表で吉報待つドラフト候補、147キロ右腕の花巻東・菱川一輝投手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

今日、センバツ出場校が発表される。花巻東の菱川一輝投手は147キロの速球を投げる右腕として、出場すれば大会注目投手の一人となる。

スポンサーリンク

絶対来いという思いで

菱川一輝投手は最速147キロの速球を投げ、今年のドラフト候補として注目される。昨年秋は強力打線で東北を制した仙台育英に、準決勝で9回7安打1失点に抑え、0−1の接戦を演じた。

その試合で「結果以上に差を感じた試合だった。変化球で空振りが取れなかったり、課題も見えた」と話し、大会後に決め球のフォークボールをアレンジして「自分に合うものが見つかった」と磨きをかけている。

東北では優勝が仙台育英、準優勝が柴田高校。順当に行けばこの2校だが、柴田が決勝で仙台育英に1−18で敗れ、東北6県で宮城から2校の出場となるかということになる。ただし柴田はエースの谷木投手が週500球の球数制限のために決勝でほとんど投げられなかったということもある。

菱川投手は「難しい状況なことは分かっているけど、絶対来い、という思いで準備はしている」と話す。「春までに150キロを出したい」と大台到達を目指す菱川投手、センバツ出場となれば、大会注目投手の一人に入ってくる。

2021年センバツ出場予想と注目選手
秋季高校野球大会が全て終了し、明治神宮大会のない今年はこれで主な高校野球の大会が終了した。来年のセンバツ出場チームの予想をと紹介をします。
2021年度-東北のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東北2枠目信じ…花巻東のエース菱川「絶対来いという思い」 雄星に肩車してもらった園児が夢舞台へ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)の出場32校を決める選考委員会は、29日に初めてオンラインで行われる。昨年はコロナの影響で中止となり令和初開催となる今大会は21世紀枠が4校、一般選考で28校が選出される。昨秋の東北大会4強の花巻東(岩手)のドラフト候補右腕・菱川一輝投手(2年)は、東北2枠目...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント