昌平・吉野創士選手、48号ホームランはレフト芝生席中段へ、8球団スカウトが視察し評価

高校野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

昌平の右の大砲・吉野創士選手が、春季埼玉大会の準決勝・浦和学院戦で、県営大宮球場のレフト芝生席中段に飛び込む大きなホームランを放った。この日は8球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

拾うバッティング

吉野創士選手は初回、1アウト2塁の場面で打席に入ると、浦和学院の146キロ右腕・三奈木亜星投手のスライダーを捉え、ホームランを確信した吉野選手は一塁ベース上で大きく飛び上がり喜んだ。打球は両翼99mに高い壁のある球場のレフト芝生席中段に飛び込んだ。

「外のスライダー。前の真っすぐをファウルにしていて真っすぐに張っていたけど、態勢を崩されても自分らしく拾うバッティングができた」と話す。吉野選手は練習でも「大きく弧を描くようにバットを振るのを心掛けている。」と話し、ややアッパー気味に下からバットを出す練習もしている。

186cm79kgと体もある。まだ線の細さを感じるものの、長打力はトップクラスのものを持っている。この日は8球団のスカウトが視察に訪れたが、

○千葉ロッテ・榎チーフスカウト:「長打力のある右打ちの野手として注目している。マリーンズジュニアのメンバーでもあったし、リストが柔らかい」

○広島・尾形スカウト:「昨年の井上とは違うタイプだが、今年右打ちの高校生で飛ばす力を持った選手はそんなにいない」

○巨人・水野スカウト部参与:「高校生で、あそこまで飛ばせる。それくらい力があるのは分かっている。体幹が鍛えられたら、とんでもなくなると思う。今後も、追いかけて見ていきたい」

と話し、右の大砲として将来性を高く評価した。

スイングは速く、そしてバットをしならせるようにヒットを打てる。ただし、まだバットを思い切り振って当たればというような感じで、確実に仕留めるという所まではもう少しという印象。それでも体が更にできれくれば、将来は非常に楽しみな選手になると思う。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

スタンドにはプロ8球団の関係者が視察に訪れた。ロッテ・榎チーフスカウトは「長打力のある右打ちの野手として注目している。(千葉・浦安出身で)マリーンズジュニアのメンバーでもあったし、リストが柔らかい」。広島・尾形スカウトは「昨年の井上(花咲徳栄→ソフトバンクD1位)とは違うタイプだが、今年右打ちの高校生で飛ばす力を持った選手はそんなにいない」とリストに上げる。

準々決勝の浦和実戦では2打席連続の申告敬遠など打撃でアピールできていなかったが、この日は8球団のスカウトが視察する前で「弧を大きく描くように振る」意識で、持ち味を発揮。巨人の水野スカウト部参与は「高校生で、あそこまで飛ばせる。それくらい力があるのは分かっている。体幹が鍛えられたら、とんでもなくなると思う。今後も、追いかけて見ていきたい」と高評価した。

【高校野球】プロ注目の昌平・吉野創士 先制の通算48号も勝利につながらず
 プロが注目する右の強打者・吉野創士(3年)が高校通算48本目となる先制2ランを放ったが、チームはサヨナラ負けを喫した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント