東海大相模・石田隼都投手が6回無失点で今年はまだ公式戦無失点、DeNAスカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

東海大相模は藤嶺藤沢と対戦し、エースの石田隼都投手が6回を無失点に抑え、今年の公式戦連続無失点記録を42回2/3に伸ばした。

スポンサーリンク

無失点

この日、先発して今夏最長の6回を投げた石田隼都投手、この日は4四死球と少し制球に狂いがあり、2回からは毎回ランナーを背負ったものの、6回を無失点に抑えた。6回3安打7奪三振4四死球無失点だった。

「真っすぐも変化球もいってなかったですけど、チームが勝っていけばいいと思っているので」と話す石田投手、これで、センバツ(29回1/3)、春季大会(1回1/3)、夏の大会(12回)と、今年の公式戦で42回2/3を投げてまだ無失点を続けている。

この投球に東海大相模の出身で、視察した横浜DeNA・稲嶺スカウトは「打者との駆け引きが抜群にうまく、三振が欲しいところで取れている」と評価した。

まだ5回戦、まだまだ厳しい戦いが待っているが、門馬監督の最後の夏ということもあり、甲子園の決勝まで負けるつもりはない。石田投手は「監督さんも最後だし、自分たちも最後。日本一というチームの目標に向けて、一戦ずつ勝ち上がっていきたい」と話した。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・神奈川大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球神奈川大会、センバツ優勝の東海大相模や、プロ入りする選手の多い横浜高だけでなく、その他の高校にも楽しみな選手が非常に多い。ドラフト1位指名クラスの選手はいないが、ドラフト注目度はAとしたい。

 29回1/3を無失点で頂点に立った今春センバツから、春の県大会(1回1/3)、今大会(12回)と、今年に入って公式戦で42回2/3連続無失点という驚異的な安定感を誇る。視察したDeNA・稲嶺スカウトは「打者との駆け引きが抜群にうまく、三振が欲しいところで取れている」と、高校生離れした投球術に二重丸をつけた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント